鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 次回イベントの予告 | バックナンバー |
トップページに戻る ≫
バックナンバー
 過去のイベント≫令和元年度/平成30年度平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度
 平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度

愛は言葉だ!文豪のハートにふれるバレンタイン&ホワイトデー

※新型コロナウイルス感染拡大状況によっては内容が変更になる場合があります。

開催期間 1月23日(土)〜3月14日(日)

■バレンタイン特別展示&文豪の愛の言葉おみくじ 
夏目漱石、太宰治、中原中也、芥川龍之介ら文豪の愛にまつわる作品を常設展示室で紹介します。
また、文豪が手紙や作品に綴った愛の言葉をおみくじでプレゼントします。

■「実篤チョコ」特別販売(200個限定) 完売しました
武者小路実篤記念館で毎年大人気のバレンタイン限定「実篤チョコ」(モロゾフ製)を販売。
※ご購入に個数制限をもうけさせていただく場合があります。
200個限定・1缶540円(税込)

鎌倉

春の雪

鎌倉ゆかりのバラ限定販売

10月17日(土)からバラ「鎌倉」ミニバラ「春の雪」の苗木(大苗)を限定販売します。
※鎌倉文学館内で販売のため入館料が必要です。バラ園と展覧会もぜひご覧ください。
※購入をご希望の方は、建物の裏手の事務所にお声がけください。
※ミニバラ「春の雪」はおひとり様1株までご購入いただけます。
完売しました。

●大苗
つぎ木をしてから約1年育てられたバラの苗のこと。根や枝が新苗に比べしっかりしています。初めてバラを育てる方にもお勧めです。

■鎌倉:1株 1600円(税込)、限定70株 
古都鎌倉にふさわしい落ち着きを持つ、つややかな黄色い花です。トゲの無い珍しい種類です。

完売しました。

■春の雪:1株 1600円(税込)、限定10株
淡い白とピンク色のミニバラ。”春の雪”とは、淡雪のこと。三島由紀夫は小説『春の雪』を書くために、旧前田侯爵家別邸(現・鎌倉文学館)を取材しました。

完売しました。


特別展 没後10年「井上ひさし、鎌倉の日々」関連イベント

特別展関連イベントついては、開催が延期もしくは中止になる場合があります。


@ビデオ文学講演会 配信終了
井上ひさしの「鎌倉」時代「アジール」と「和解の場」

歴史学者の成田龍一さんが、井上ひさしの「鎌倉」について、『東慶寺花だより』と『ムサシ』「アジール(聖域)」と「和解の場」という視点で読み解きます。
新型コロナウィルス感染拡大防止のためビデオ講演会となりました。下記の公式YouTubeチャンネルで9月30日までご覧いただけます。

配信は終了しました。
鎌倉文学館YouTubeチャンネル

日    時 6月20日(土)14:00〜15:30
講    師 成田龍一さん(歴史学者)
定    員 150名
会    場 鎌倉商工会議所 地下ホール
締    切 6月4日(木)必着

Aビデオ文学講演会 配信終了
井上ひさし、戯曲の魅力

「太鼓たたいて笛ふいて」「組曲虐殺」などで舞台に立った神野三鈴さん。好きな戯曲についてのお話と朗読のあと、夫人の井上ユリさんと井上ひさしの戯曲の魅力を語りあいます。
新型コロナウィルス感染拡大防止のためビデオ講演会となりました。下記の公式YouTubeチャンネルで9月30日までご覧いただけます。

配信は終了しました。
鎌倉文学館YouTubeチャンネル

日    時 6月7日(日)14:00〜15:30
出    演 神野三鈴さん(女優)
井上ユリさん(井上ひさし夫人)
定    員 150名
会    場 鎌倉商工会議所 地下ホール
締    切 5月22日(金)必着

B 文学ワークショップ
声に出して読む井上ひさし

演劇集団 円 所属の鈴木佳由さんの指導で、井上ひさしの戯曲の魅力を、自分の声で表現し体感するワークショップです。朗読が初めての方もぜひご参加ください。
新型コロナウィルス感染拡大防止のため一旦中止いたします。

日    時 6月18日(木)14:00〜16:00
講    師 鈴木佳由さん(演劇集団 円)
定    員 10名
会    場 鎌倉文学館1階講座室 ※要入館料
締    切 6月5日(金)必着

C 資料解説講座
花と文学 春・夏

館収蔵の資料から与謝野晶子のバラの短歌や久米正雄のたんぽぽの俳句など、春から夏にかけて咲く花に関する作品を文学館職員が紹介します。
新型コロナウィルス感染拡大防止のため一旦中止いたします。

日    時 7月1日(水)14:00〜15:00
講    師 鎌倉文学館職員
定    員 20名
会    場 鎌倉文学館1階講座室 ※要入館料
締    切 6月18日(木)必着

≪申込方法≫
ハガキ、メールまたはFAXに、ご希望のイベント(Dは希望日も)、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(2名まで/2名の場合同行者の氏名も)を記入し、鎌倉文学館「各イベント」係までお送りください。お申し込みは各イベントにつき1件でお願いします。
ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「各イベント名」係
メール:event2020@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952
※応募者多数の場合は抽選し、当落はハガキで(2名の場合代表者の方に)ご連絡します。
※メール・FAXでのお申し込みは締切日の17時までとさせていただきます。
※個人情報はイベントの詳細な案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。

申し込み・問い合わせ
〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3
Tel.0467(23)3911 Fax.0467(23)5952

「実篤チョコ」

愛は言葉だ!文豪のハートにふれるバレンタイン&ホワイトデー

開催期間 1月25日(土)〜3月15日(日)

※新型コロナウイルス感染拡大を予防するため中止いたします。

■文豪の愛の言葉おみくじ&特別展示 
夏目漱石、与謝野晶子、芥川龍之介、太宰治ら文豪が手紙や作品に綴った愛の言葉をおみくじでプレゼント。また、その愛の言葉にまつわる作品を常設展示室で紹介します。

■文豪の愛にまつわるギャラリートーク 
期間中の土日・祝日・2月14日(金)・3月14日(土)13:00〜(10分程度)

■「実篤チョコ」特別販売 
武者小路実篤記念館で毎年大人気のバレンタイン限定「実篤チョコ」(モロゾフ製)を販売。500缶限定・1缶540円(税込)

収蔵品展「作家と歩く鎌倉 その4 長谷・稲村ガ崎方面」関連イベント

@資料調査講座「新収蔵資料 与謝野晶子の短冊」

館収蔵の短冊を用いて、学芸員の資料調査を体験します。

日    時 3月5日(木) 14:00〜15:00
講    師 鎌倉文学館職員
定    員 10名(申込制)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
締    切 2月20日(木)必着
広報かまくら12月15号に、締切日を間違えて2月25日と掲載いたしましたので、25日まで締切を延長いたします。

新型コロナウイルス感染拡大を予防するため中止いたします。
お申込みいただいた方にはご迷惑をおかけしますが、皆様の健康と安全を考慮した結果として、ご理解くださいますようお願い申しあげます。
なお、来年度に同内容で開催を予定しております。

A文学散歩「稲村ガ崎周辺」

展覧会に関連し、極楽寺や稲村ガ崎周辺を訪ね、三好達治、有島生馬らゆかりの作家や太平記について文学館職員が解説します。

日    時 3月11日(水)、12日(木)、17日(火)、18日(水)
10:00〜11:30 ※各日同一内容
対    象 約3kmのコースを歩ける人
※応募者多数の場合は、市内在住、在勤の方が優先となります。
講    師 鎌倉文学館職員
定    員 各回25名
参 加 費 無料(別途寺社の拝観料は各自負担)
締    切 2月27日(木)必着 ※往復ハガキでお申し込みください。

※新型コロナウイルス感染拡大を予防するため中止いたします。

≪お申し込み方法≫
@はハガキ、メールまたはFAXに、Aは往復ハガキに、ご希望のイベント(Aは希望日も)、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(@は1名、Aは2名まで/2名の場合同行者の氏名も)を記入し、鎌倉文学館「各イベント名」係までお送りください。お申し込みは各イベントにつき1件でお願いします。
ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「イベント名」係
メール:event2019@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952
※応募者多数の場合は抽選し、当落はハガキで(2名の場合代表者の方に)ご連絡します。
※メール・FAXでのお申し込みは締切日の17時までとさせていただきます。
※個人情報はイベントの詳細な案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。

申し込み・問い合わせ
〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3
Tel.0467(23)3911 Fax.0467(23)5952

角野栄子さんのお話の扉

童話作家 角野栄子さんの小さな読者のための朗読とおはなしの会。どんなおはなしの扉がひらくでしょう。おたのしみに。

日    時

2019年10月26日(土)、11月30日(土)、12月14日(土)
2020年 1月25日(土)2月29日(土)3月28日(土)
各日11:00〜12:00
※9月はお休みです※1月25日(土)は中止になりました
※新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2月29日(土)、3月28日(土)は中止いたします。

お は な し 角野栄子さん
会    場 鎌倉文学館1階講座室(参加自由)
参加自由 対象:未就学児童から小中学生。同伴の保護者(2名まで)
当日、時間までに会場にお集まりください。大人の方だけのご参加はできません。

鎌倉文学館でクリスマス

開催期間 12月21日(土)〜25日(水)

常設展示室を飾りつけし、高浜虚子、太宰治、三島由紀夫らのクリスマスにまつわる作品を紹介します。

愛は言葉だ!文豪のハートにふれるバレンタイン&ホワイトデー

■バレンタインスウィートコンサート

日    時 2月9日(日)13:30〜/14:30〜(各回20分程度)
演    奏 能澤摩耶さん(ヴァイオリン)、平貴恵さん(ヴァイオリン)、
春木英恵さん(ヴィオラ)、松井洋之さん(チェロ)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
定    員 20名(先着順)

※当日12時より、1階事務所で、先着順にイス席20人分の整理券をお配りします。講座室へは整理券の番号順に入場いただけます。

第8回鎌倉文学館こども文学賞 決定!

鎌倉文学館では未来を作る小中学生から「詩」の作品を募集しました。このたび全国から寄せられた994作品から優秀作品が決定しましたのでお知らせします。 表彰式は11月3日(日)午後1時から文学館の前庭で開催します。

終了しました

受賞作品集はこちらからご覧いただけます>>

審査委員 三木卓(作家・詩人)
角野栄子(童話作家)
富岡幸一郎(文芸評論家・鎌倉文学館館長)
小学生の部
大賞
鏑木 邦賢さん
「アカゲラマンション」トキワ松学園小学校2年
小学生の部
入賞
松田 薫さん
「ぼくのおにいちゃん」鎌倉市立富士塚小学校1年

塚田 夏帆さん
「おとうとおにいちゃんになる」鎌倉市立山崎小学校2年

塚原 卓也さん
「ごはんのうた」精華小学校2年

松本 匠生さん
「雨とぼく」鎌倉市立腰越小学校2年

石多 奏彩来さん
「わたしの気持ち」
横浜国立大学教育学部附属鎌倉小学校3年

鈴木 幹太さん
「ニュースが面白い」蒲郡市立三谷小学校4年

鈴木 瑠乃さん
「家族でほえる」蒲郡市立三谷小学校4年

田村 白百合さん
「いいにおい」清泉小学校5年

富川 舞美さん
「雲と空とこの世界」鎌倉市立西鎌倉小学校6年

比嘉門 夢さん
「祖母の子守唄」沖縄カトリック小学校6年

中学生の部
大賞
片岡 真緒さん
「春の海」筑波大学附属中学校3年
中学生の部
入賞
鳥居 ゆりさん
「ヒロシマ」南山学園南山中学校女子部1年

根岸 煌太郎さん
「拾った猫」慶應義塾普通部1年

石ア 悠也さん
「僕」京都教育大学附属京都小中学校第8学年

奥村 優月さん
「正座の理由」京都教育大学附属京都小中学校第8学年

塩畑 龍之介さん
「滑舌が悪い人の葛藤」茨城大学教育学部附属中学校2年

坪内 花凜さん
「闇よ叫べ」作新学院中等部2年

服部 遼平さん
「空き地」大阪桐蔭中学校3年

福田 芽依さん
「兎」静岡大学教育学部附属静岡中学校3年

森本 匡さん
「お腹」大阪教育大学附属平野中学校3年

𠮷川 名美子さん
「『アオ』になる」智辯学園中学校3年

鎌倉市市政80周年イベント

鎌倉文学館 × 鎌倉芸術館
鎌倉ゆかりの文学と松竹大船撮影所の地〜80年に想いを寄せて
学芸員の解説と庭園のバラ鑑賞、そして80年前を流行歌と写真でたどるバスツアー

公演日時 2019年10月21日(月)13:00〜15:30(終了予定)
会    場 鎌倉文学館/鎌倉芸術館
歌声喫茶演奏 福田安弘(アコーディオン奏者)
定    員 20名
料    金 参加費1,000円
※2019年9月15日(日)10:00より受付開始。先着順。定員に達し次第、受付終了。
ツアー内容 [13:00] 鎌倉文学館 講座室 集合
鎌倉文学館を見学、夏目漱石らの貴重な資料を鑑賞するミニ講座。庭園のバラもお楽しみください。
   ↓
[14:00] マイクロバスにて移動
   ↓
[14:30] 鎌倉芸術館
アコーディオンの音色に乗せて楽しむ歌声喫茶と、80年前の写真や資料おご覧いただきます(お茶つき)。
   ↓
[15:30頃] 現地解散
お問い合わせ お申し込み・お問い合わせ
鎌倉芸術館チケットセンター 0120-1192-40(10:00〜19:00)

特別展「オリンピックと文学者」関連イベント

@文学講座「1936、武者小路実篤のヨーロッパ見聞記」

昭和11年、ベルリンオリンピックを取材した実篤。彼がヨーロッパで何を見、どう感じたのか、武者小路実篤記念館の伊藤陽子氏がお話しします。

日    時 11月21日(木) 14:00〜15:30
講    師 伊藤陽子氏(調布市武者小路実篤記念館 主席学芸員)
定    員 33名(申込制)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
申 込 制 11月11日(月)必着

A古典講座「蹴鞠(けまり)〜古典に見るスポーツ」

日本古来のスポーツともいえる蹴鞠。蹴鞠研究家の村戸弥生氏が、その歴史や蹴鞠を描いた古典作品などについてお話しします。

日    時 11月23日(土) 13:00〜14:30
講    師 村戸弥生氏(蹴鞠研究家)
定    員 33名(申込制)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
申 込 制 11月12日(火)必着

B文学講座「小尾芙佐(おび ふさ)が語る 翻訳の魅力」

ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』などの翻訳で知られる小尾芙佐氏が自身の半生と翻訳の魅力についてお話しします。

日    時 11月16日(土) 14:00〜15:30
講    師 小尾芙佐氏(翻訳家)
司会進行 小関祐加氏(講師長女)
定    員 20名(申込制)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
申 込 制 11月5日(火)必着

C資料解説講座「文学者の鎌倉彫」(共催:鎌倉彫資料館)

館収蔵の資料から川端康成、有島生馬らが愛用した鎌倉彫の机や盆について、鎌倉彫資料館館長 遠藤英明氏と当館職員が解説します。

日    時 12月6日(金) 14:00〜15:30
講    師 遠藤英明氏(鎌倉彫資料館館長)、鎌倉文学館職員
定    員 20名(申込制)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
申 込 制 11月25日(月)必着

D文学散歩「材木座周辺」

展覧会に関連し光明寺や材木座周辺を訪ね、武者小路実篤、田中英光らゆかりの作家について文学館職員が解説します。

日    時 10月30日(水)、31日(木)、11月5日(火)、6日(水)
10:00〜11:30 ※各日同一内容
対    象 約3qのコースを歩ける人。
※応募者多数の場合は、市内在住・在勤の方が優先となります
講    師 鎌倉文学館職員
定    員 各回25名
参  加   費 無料(別途寺社の拝観料は各自負担)
締    切 10月21日(月)必着 ※往復ハガキでお申し込みください。

≪申込方法≫
ハガキ、メール、またはFAX(D文学散歩は往復ハガキのみ)にイベント名(D文学散歩は参加希望日)、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(2名まで、同行者氏名も)を記入し鎌倉文学館「各イベント名」係までお送りください。お申し込みは各イベントにつき1件でお願いします。
ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「各イベント名」係
メール:event2019@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952
※応募者多数の場合は抽選し、当落はハガキでご連絡します。
※メール・FAXでのお申し込みは締切日の17時までとさせていただきます。
※個人情報はイベントの詳細な案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。

申し込み・問い合わせ
〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3
Tel.0467(23)3911 Fax.0467(23)5952

鎌倉文学館フェスティバル2019

バラ200種250株 10月中旬〜11月中旬が見ごろ

開催期間 10月12日(土)〜11月17日(日)
※期間中休館日なし
入 館 料 一般500円、小中学生200円
江ノ電のりおりくんで50円引
江の島・鎌倉フリーパスで50円引
開館時間 9:00〜16:30※入館は30分前まで
主   催 鎌倉文学館指定管理者
鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体
協   力 江ノ島電鉄株式会社・枡枡 唎酒処
お問い合わせ 鎌倉文学館 鎌倉市長谷1-5-3 TEL 0467-23-3911

■秋の文学スタンプラリー ※期間中毎日開催

【スタンプポイント】
円覚寺・建長寺・鶴岡八幡宮・江ノ電鎌倉駅・長谷寺・鎌倉文学館
集めたスタンプの数に応じて鎌倉文学館オリジナルグッズをプレゼント

※各施設の拝観料・入館料が別途必要になります。
※台紙は各ポイントや鎌倉市観光案内所などで配布。
 集めたスタンプに応じて景品あり。
※景品は鎌倉文学館に入館された方のみお渡しします。
※入館時間の9時〜16時までにご来館ください。

■庭園の特設カフェ  ※雨天中止

庭園でオリジナルブレンドのコーヒーを販売します。秋深まりゆく庭園でゆったりとした時間をお過ごしください。

日    時 10月6日(日)〜11月30日(土)の土日祝日。
※10月13日、19日、27日、11月2日、10日、16日を除く
時    間 11:00〜16:00

■ヴァイオリン&チェロのコンサート※参加自由 

日    時 10月20日(日)13:30〜
出    演 能澤摩耶(ヴァイオリン)
奥平華子(チェロ)
予定曲目 ハルヴォルセン「ヘンデルの主題によるパッサカリア」ほか
会    場 鎌倉文学館 前庭 ※雨天会場変更

■言葉と音楽のコンサート※参加自由

日    時 10月26日(土)13:30〜
朗読作品 有島武郎「一房の葡萄」より
出    演 朗読:小林亜紀子
作曲:内藤正彦
演奏:ライトハウスアンサンブル
会    場 鎌倉文学館 前庭 ※雨天会場変更

※雨天の場合
文学館1階講座室で行います。当日11時より2階グッズ売り場で、先着順に30番までの整理券を配布します。講座室へは整理券の番号順にご入場いただけます。

■第8回 鎌倉文学館子ども文学賞表彰式

全国の小中学生から募集した詩から、入賞と大賞作品の表彰式をおこないます。

日    時 11月3日(日・祝) 13:00〜
会    場 鎌倉文学館 前庭 ※雨天会場変更

■青空落語

日    時 11月4日(月・祝) 13:30〜
出    演 昔昔亭A太郎 瀧川鯉丸
協    力 枡枡 唎酒処

■バラ解説  ※参加自由・雨天中止

鎌倉文学館バラ園の管理人がバラの育て方についてお話します。当日、直接バラ園前へお越しください。

日    時 期間中の水曜日 10:00〜11:00 ※11月13日は除く

■申込制イベント

朗読ワークショップ「夏目漱石を読む」
発声方法から表現まで、鈴木佳由さん(演劇集団・円)のコーチで朗読の楽しさを体験しませんか?声に出すことで作品の新しい一面や、新しい自分に出会えるかも。学芸員の解説で作品がより身近に感じられます。学芸員による作品解説もあります。

日    時 10月17日(木)
@9:30〜 A13:30〜 ※各回同一内容
定    員 各回15人(各回同一内容)
締    切 10月10日(木)必着

≪申込方法≫
ハガキ、メール、またはFAXにイベント名、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(2名まで、2名でお申込みの場合、同行者の氏名必須)を記入し鎌倉文学館「朗読ワークショップ」係までお送りください。
※応募者多数の場合は抽選し、当落に関わらず結果をハガキでご連絡します。
※メール、FAXでのお申込みは締切日の17時までとさせていただきます。
※個人情報はイベントの詳細な案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。

ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「朗読ワークショップ」係
メール:event2019@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952

本とあそびの部屋 

・角野栄子さんの図書コーナー
・工作コーナー(ぷーっとふくらむおばけ、おばけぶえ をつくろう)
・変身コーナー(アッチとボン、魔女のキキ ほか)

会    場 1階講座室 いつでもできます

おはなし会『スパゲッティがたべたいよう』 『サラダでげんき』ほか

かゆさんのゆかいな朗読で、物語の世界をお楽しみください。

日    時

7月30日(火)、8月9日(金)、23日(金)、9月14日(土)
各回11:00〜(30分程度) ※8月23日は19:00〜

お は な し 鈴木かゆさん(演劇集団 円 所属)
会    場 1階講座室 ※直接会場にお集まりください
定    員 50名(参加自由)

夏の文学館スタンプラリー2019

2館を回ってスタンプを集めよう! どちらの文学館からでもスタートできるよ。
※神奈川近代文学館は7月20日(土)から

期  間 7月13日(土)〜9月23日(月・祝)

・神奈川近代文学館
企画展「『わたしのワンピース』50周年
西巻茅子展―子どものように、子どもとともに」
7月20日(土)〜9月23日(月・祝)
Tel:045-622-6666
※要観覧料

第8回 鎌倉文学館こども文学賞

全国の小学生、中学生の皆さんから詩の作品を募集します。優秀作は、鎌倉文学館でご紹介します。

募集要項はこちらからダウンロードしてください。>>

受付期間 7月1日(月)〜9月20日(金)必着
審査員 三木卓(作家・詩人)、角野栄子(童話作家)、
富岡幸一郎(鎌倉文学館館長)
小学生の部 中学生の部 各大賞1名、入選10名
表彰式 11月3日(日・祝)13:00〜

鎌倉長谷の灯かり 夜間開館

「かまくら長谷の灯かり」開催にあたり夜間開館します。 国登録有形文化財の洋館を夜空にしっとり浮かび上がらせる灯かり。 館内は古き良き洋館の落ち着いた雰囲気に包まれ、庭園は一面の 星空をイメージした世界が広がります。

日時 8月19日(月)〜8月25日(日)
18:30〜20:30(最終入館は30分前まで)
※日時は各会場共通
※雨天荒天の場合、中止または変更になる場合があります。
入館料 一般500円、小中学生100円
※昼間(9:00〜17:00)に入館された方で、夜間の再入館をご希望の方にミュージアムショップまたはチケット売場で再入館券をお渡しします。
※未就学児と、鎌倉市内在住在学の小中学生(保護者2名まで)・高校生、市内在住の65歳以上の方は無料

「かまくら長谷の灯かり」ライトアップ会場 
鎌倉大仏殿高徳院、光則寺、長谷寺、甘縄神明宮、収玄寺、御霊神社、極楽寺、鎌倉文学館の計8会場(会場により拝観料・入館料がかかります) 「かまくら長谷の灯かり」のお問合せは
江ノ島電鉄株式会社
電話:0466-24-2715(9:00〜17:45)
HP:http://www.hasenoakari.jp
 

※画像は昨年の様子です

鎌倉文学館バラまつり2019 新しいバラの名前 決定!

バラまつり期間中に鎌倉文学館内で募集した新しいバラの名前は、応募総数1,059通の中から「長谷乙女」に決まりました。たくさんのご応募、ありがとうございました。「長谷乙女」の「長谷」は、鎌倉文学館や長谷寺、高徳院(鎌倉大仏)周辺の地名です。「長谷乙女」は10月中旬から11月中旬の秋バラの時期にもご覧いただけます。みなさまのお越しをお待ちしております。

長谷乙女

特別展 子どもたちへ、未来へシリーズ9 「角野栄子の世界 おばけにゾクゾク 魔法でわくわく」 
展覧会関連イベント

角野栄子さんと、おばけのアッチが展覧会のオープンをお祝いしテープカットをします。オープニングイベント

日    時 7月13日(土)10:00〜
場    所 鎌倉文学館 本館玄関(予定)

オープニングトーク

日    時 7月13日(土)11:00〜 (30分程度)
お は な し 角野栄子さん(童話作家)
会    場 1階講座室
定    員

50名(要整理券)
※9時から1階事務室で入場整理券(1人1枚)をお配りします。 近隣のご迷惑となりますので開館前から並ばないようお願いします。
※終了後、サイン会を予定しています。サイン会だけの参加もできます。 9時から1階事務室でサイン会の整理券(1人1枚、先着60名)をお配りします。 サインは1人1冊、角野栄子さんの本のみです。

【申込制イベント】

@子どもワークショップ 『やってみよう文学館のおしごと』
1日学芸員になって、自分の好きな本をかざってみよう!

日    時 8月7日(水)
1回目 9:30〜12:00
2回目 13:00〜15:30
各回同一内容
講    師 鎌倉文学館職員
定    員 各回5名(申込制)
対    象 小学校1年生〜6年生
※お申込みの際は年齢、学年をご記入ください
※1申込につき1名でお申込ください
会    場 1階講座室
申 込 制 7月30日(火)必着

A子どもワークショップ 『おばけフルーツパフェをつくろう』 
画用紙や、わた、ストローなどを使って、おばけのアッチみたいにゾクゾク楽しいフルーツパフェをつくってみよう!

日    時 8月20日(火)、21日(水)
各日 10:00〜12:00
※各回同一内容
講    師 鎌倉文学館職員
定    員 各回10名(申込制)
対    象 小学校1年生〜4年生
※お申込の際は年齢、学年をご記入ください
※1申込につき1名でお申込ください
材 料 費 500円
持 ち 物 ハサミ、のり、筆記用具
汚れてもいい服装でご参加ください
会    場 1階講座室
申 込 制 8月9日(金)必着

B講演会『角野栄子の世界』 
角野栄子さんと原ゆたかさんが共著『大どろぼうブラブラ氏』など作品についてお話しします。

日    時 8月17日(土) 14:00〜15:30
講    師 角野栄子さん(童話作家)・原ゆたかさん(児童文学作家、「かいけつゾロリ」シリーズなど)
定    員 150名
会    場 鎌倉商工会議所 地下ホール
申 込 制 8月6日(火)必着
※1申込につき2名までお申込いただけます
※2名の場合同行者氏名もご記入ください

≪申込方法≫
ハガキ、メールまたはFAXにご希望のイベント名(@Aは希望回も)、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(@Aは1名まで、Bは2名まで)、同行者氏名(Bの2名お申し込みの場合)、年齢・学年(@Aのお申し込みの場合)を記入し、鎌倉文学館へお送りください。お申し込みは各イベント1件まででお願いします。
ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「〇〇〇〇」係
※「〇」内にはご希望のイベント名をご記入ください。
メール:event2019@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952

※応募者多数の場合は抽選となります。当落はハガキでご連絡いたします。
※メール・FAXでのお申込は締切日の17時までとさせていただきます。
※個人情報はイベントの詳細なご案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。

新江の島水族館と鎌倉文学館とのお得なセット券を発売

アジサイの色づく6月、鎌倉文学館と長谷寺をはじめ長谷周辺のアジサイ、そして新江ノ島水族館の特別展示「海中のあじさい水槽」を、6月限定のお得なセット券でお得に楽しみませんか?

■新江ノ島水族館+鎌倉文学館6月限定セット券  

販売・有効期間 6月1日(金)〜6月30日(土) 
※期間内であれば別々の日に入館可能
販売場所 セブンイレブン、ローソン、アソビュー(スマートフォン)
※鎌倉文学館、新江ノ島水族館の窓口での販売はありません。
価  格 大 人 2,280円(通常料金 2,500円)
高校生 1,700円(通常料金 1,900円)
中学生 1,090円(通常料金 1200円)
小学生 1,090円(通常料金 1200円)

・セブンチケット http://7ticket.jp/g/000577
・ローソンチケット http://l-tike.com/leisure/enosui/
・アソビュー https://www.asoview.com/item/ticket/ticket0000001574/

■新江ノ島水族館 
マイワシの群れが人気の大水槽や参加型のペンギンショー、江ノ島と富士山をバックに繰り広げられるイルカショーなど見所満載の水族館。
HP:http://www.enosui.com/
 
【アクセス】
江ノ島電鉄「江ノ島駅」から徒歩10分。
※鎌倉文学館最寄りの「由比ガ浜駅」と「江ノ島駅」間の乗車時間は21分
モノレール湘南「湘南江の島駅」から徒歩10分
小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」下車徒歩3分

新江の島水族館と鎌倉文学館とのお得なセット券を発売

新江ノ島水族館と鎌倉文学館とのお得なセット券を発売! 鎌倉文学館のバラと新江ノ島水族館の特別展示「海中のあじさい水槽」をお得なセット券で楽しみませんか?

■新江ノ島水族館+鎌倉文学館セット券  

販売・有効期間 5月10日(金)〜6月30日(日) 
※期間内であれば別々の日に入館可能
販売場所 全国のセブンイレブン、ローソン、ミニストップ
(鎌倉文学館、新江ノ島水族館の窓口での販売はありません。
価  格 大 人 2,630円(通常料金 2,900円)
高校生 1,770円(通常料金 2,000円)
中学生 1,090円(通常料金 1,200円)
小学生 1,090円(通常料金 1,200円)

■新江ノ島水族館 
マイワシの群れが人気の大水槽や参加型のペンギンショー、江ノ島と富士山をバックに繰り広げられるイルカショーなど見所満載の水族館。
HP:https://www.enosui.com/
 
【アクセス】
江ノ島電鉄「江ノ島駅」から徒歩10分。
※鎌倉文学館最寄りの「由比ガ浜駅」と「江ノ島駅」間の乗車時間は21分
モノレール湘南「湘南江の島駅」から徒歩10分
小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」下車徒歩3分

鎌倉文学館 バラまつり2019

開催期間 5月10日(金)〜6月9日(日)  休館日:5月13日(月)
200種245株のバラをご鑑賞ください。

バラ園は通路が狭いため、園内での三脚、一脚、自撮り棒、日傘の使用はご遠慮ください。バラを傷つけたり、他のお客様のご迷惑になります。ご了承ください。

【バラの名前募集】 
鎌倉生まれの新種のバラの名前を募集します。同館にある専用用紙でご応募ください。最終選考に残った中から抽選で10人に、この新作バラの苗木をプレゼント。決定した名前は、同館ホームページで発表します。

リーフレットはこちからダウンロードできます >>

■コンサート情報  
会場:文学館前庭  参加自由
雨天時:1階講座室 ※内容を変更して開催します

【ヴァイオリンとピアノのコンサート】 

日    時 5月18日(土) 14:00〜
出    演 ヴァイオリン 能澤摩耶、ピアノ 辻英恵
予 定 曲 目 クライスラー「テンポ・ディ・メヌエット」ほか

【言葉と音楽のコンサート】  

日    時 5月26日(日) 14:00〜
朗 読 作 品 小泉八雲「鎌倉・江ノ島詣で」(『日本の面影』より)
朗    読 小林亜紀子(俳優)
作    曲 内藤正彦
演    奏 ライトハウスアンサンブル

■イベント情報  会場:鎌倉文学館 1階講座室

(1)鎌倉彫の小皿を彫ってみよう!  ※事前申込制・無料

オリジナル限定デザインのバラの丸小皿を作りませんか?初めての方も気軽にお楽しみいただけます。(共催:鎌倉彫資料館)

日    時 5月12日(日)
講    師 柏木豊司氏(鎌倉彫資料館館長)
会    場 鎌倉文学館1階講座室
定    員 16名(申込制・1組5名まで)
対    象 小学校4年生から大人(小中学生は学年もご記入ください。小中学生は子どものみでの参加はできません。必ず保護者と一緒にお申込みください。保護者は付添ではなく、受講者としてご参加ください)
参 加 費 1人2500円(塗加工は別途有料にて当日受付)
締    切 4月30(火)必着

≪申込方法≫
ハガキ、メール、またはFAXにイベント名、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(5名まで、同行者氏名も)を記入し鎌倉文学館「鎌倉彫の小皿を彫ってみよう!」係までお送りください。お申し込みは各イベントにつき1件でお願いします。
ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「鎌倉彫の小皿を彫ってみよう!」係
メール:event2019@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952

※応募者多数の場合は抽選し、当落はハガキでご連絡します。
※メール・FAXでのお申し込みは締切日の17時までとさせていただきます。
※個人情報はイベントの詳細な案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。



■バラ解説 (参加自由・雨天中止)  

同館バラ園管理人によるバラの育て方についての話。雨天中止。
金曜日…午前10時から11時まで

■バラの苗木販売
ご好評につき、バラ「鎌倉」の苗木は完売いたしました。

5月10日からバラ「鎌倉」の苗木を販売(1株1100円、限定150株)

■庭園の特設カフェ  

オリジナルブレンドコーヒーの販売。雨天中止。
6月30日までの土・日曜日と祝日…午前11時〜午後4 時
(5月11日・12日・25日、6月8日・9日を除く)

■俳句&ハイク 年間大賞表彰 

6月2日(日曜日)…午前11時から

特別展「三島由紀夫『豊饒の海』のススメ」関連イベント

@文学講演会「『豊饒の海』がわからない」

本展監修で近畿大学教授、三島由紀夫文学館館長でもある佐藤秀明氏が「わからない」を軸に「豊饒の海」を紐解きます。

日    時 6月15日(土) 14:00〜15:30
講    師 佐藤秀明氏(本展監修・近畿大学教授)
定    員 150名(申込制)
会    場 鎌倉商工会議所 地下ホール
締    切 6月3日(月)必着

A文学講座
「舞台『豊饒の海』を書くまで」

昨年、舞台「豊饒の海」で、4部作を1つの交錯する物語として脚本を書き、絶賛された長田育恵氏が、脚本を手がけ感じたことをお話しします。

日    時 6月22日(土) 14:00〜15:30
講    師 長田育恵氏(脚本家・てがみ座主宰)
定    員 33名(申込制)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
締    切 6月12日(水)必着

B「『豊饒の海』『浜松中納言物語』における転生と夢」

「豊饒の海」の典拠となった「浜松中納言物語」。立教大学教授の河東仁氏が両作品に通底する転生と夢についてお話します。

日    時 6月24日(月) 14:00〜15:30
講    師 河東仁氏(立教大学教授)
定    員 33名(申込制)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
締    切 6月14日(金)必着

C文学講座
「三島文学の中の音楽」

5月25日に鎌倉芸術館で行われるコンサート「鎌倉音楽文庫『三島由紀夫』」に関連し、三島を文学と音楽の面から掘り下げます。

日    時 5月11日(土) 14:00〜16:00
講    師 浦久俊彦氏(文化芸術プロデューサー)、
富岡幸一郎氏(当館館長・文芸評論家)
定    員 33名(申込制)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
締    切 4月19日(金)必着

D資料解説講座「作家の食卓」

館収蔵の資料から里見ク、堀辰雄、星野立子ら文学者の食に関する作品を文学館職員が紹介します。

日    時 7月4日(木) 14:00〜15:00
講    師 鎌倉文学館職員
定    員 20名(申込制)
参  加   費 鎌倉文学館 1階講座室
締    切 6月24日(月)必着

E文学散歩「長谷周辺」

展覧会に関連し甘縄神明宮や旧前田侯爵家別邸(現・鎌倉文学館)を訪ね、川端康成、三島由紀夫らゆかりの作家について文学館職員が解説します。

日    時 5月15日(水)、16日(木)、21日(火)、22日(水)
10:00〜11:30 ※各日同一内容
対    象 約3qのコースを歩ける人。
※応募者多数の場合は、市内在住・在勤の方が優先となります
講    師 鎌倉文学館職員
定    員 各回25名
参  加   費 無料(別途寺社の拝観料は各自負担)
締    切 5月7日(火)必着 ※往復ハガキでお申し込みください。

≪申込方法≫
ハガキ、メール、またはFAX(Eは往復ハガキのみ)にイベント名(Eは参加希望日)、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(2名まで、同行者氏名も)を記入し鎌倉文学館「各イベント名」係までお送りください。お申し込みは各イベントにつき1件でお願いします。
ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「各イベント名」係
メール:event2019@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952
※応募者多数の場合は抽選し、当落はハガキでご連絡します。
※メール・FAXでのお申し込みは締切日の17時までとさせていただきます。
※個人情報はイベントの詳細な案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。

鎌倉文学館×鎌倉芸術館「三島由紀夫」文学を憎んだ男プレ・トーク 
三島文学の中の音楽

2019年、鎌倉文学館の春の特別展「三島由紀夫『豊饒の海』のススメ」と、5月25日に鎌倉芸術館小ホールで行われるコンサート「鎌倉音楽文庫『三島由紀夫』−音楽を憎んだ男」に関連し、鎌倉文学館でプレ・トークイベントを行います。三島由紀夫を文学と音楽の面から掘り下げ、その姿に新たな光を当てます。
※コンサート「鎌倉音楽文庫 『三島由紀夫』−音楽を憎んだ男」については、鎌倉芸術館チケットセンター(TEL.0120-1192-40 http://www.kamakura-arts.jp/)までお問い合わせください。

日   時 2019年5月11日(土)
対   談 富岡幸一郎(鎌倉文学館館長)×浦久俊彦(文化芸術プロデューサー)
定   員 33名(申込制)
会   場 鎌倉文学館1階講座室
締   切 4月19日(金)必着

≪申込方法≫
ハガキ、メール、またはFAXにイベント名(「三島文学の中の音楽」)、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(2名まで、同行者氏名も)を記入し鎌倉文学館「三島文学の中の音楽」係までお送りください。お申込みは各イベントにつき1件でお願いします。

ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3
    鎌倉文学館「三島文学の中の音楽」係
メール:event2019@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952

※応募者多数の場合は抽選し、当落はハガキでご連絡します。
※メール・FAXでのお申込みは締切日の17時までとさせていただきます。
※個人情報はイベントの詳細な案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。

プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン