鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 次回イベントの予告 | バックナンバー |
トップページに戻る ≫
バックナンバー
 過去のイベント≫平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度/平成23年度/
 平成22年度平成21年度平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度
収蔵品展 鎌倉文人録シリーズ6
壮大 痛快 涙あり ―歴史・時代小説  関連イベント

鎌倉文学館のバレンタイン「愛は言葉だ!」文豪のハートにふれる3日間
鎌倉文学館では春休みの期間、親子でお楽しみいただけるイベントを開催します。朗読や工作のワークショップ、お話し会など楽しい催しをたくさんおこないます。春の鎌倉文学館を楽しもう!
【朗読ワークショップ いろんな詩をよんで朗読を楽しもう】
マタニティ・お母さんの朗読クラブ  終了しました
日時:3月25日(日)  10:00〜11:30
対象:マタニティ・お母さん(小さいお子さんの同伴可)
講師:かゆさん(演劇集団 円所属)
定員:20名
子ども朗読クラブ 終了しました
日時:3月25日(日)  14:00〜3:30
対象:新小学生〜卒業する6年生まで。
子どもだけで参加できる人。
講師:かゆさん
定員:15名
【ノニノコこどもワークショップ 春を見つけにいきましょう】 受付中
あたたかい太 陽の日射し。
風がはこぶ春のかおり。
むくむくと動きはじめた生きものたち音。
自然あふれる文学館の庭に春をみつけにいきましょう。
そしてみつけた春を版画にしてハンカチをつくります。

ノニノコさんのワークショップ

日時:3月29日(木)
1回目:10:00〜12:00 2回目:13:30〜15:30
講師:ノニノコさん(造形作家)
材料費:500円 対象:5歳以上の子ども
定員:各回15組
※各回同一内容。お申し込みの際、ご希望の回をご記入ください。
【おはなし会「角野栄子―「魔女の宅急便」とわたし】 締切終了
日時:3月31日(土)14:00〜15:00
おはなし:角野栄子先生(童話作家)
対象:小学3年生から。保護者同伴可。
定員:33名
角野『クリスマス・クリスマス』
 
<申込み方法>
申込方法 ハガキかメール、FAXにご希望のイベント名、参加する方の氏名、
年齢、住所、電話番号を記入し、各イベント係までお送りください。定員になり次第締め切らせていただきます。締切終了はこのページでご案内します。

◆住所 〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「各講座」係
◆メール:bungakukan@kamakura-arts.or.jp
◆Tel:0467-23-3911 FAX:0467-23-5952

※個人情報はこのイベントの詳細なご案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。



収蔵品展「壮大・痛快・涙あり―歴史・時代小説」 文学講演会 
第一部 「歴史と小説の間」
      講師:童門冬二氏(どうもん・ふゆじ/作家)
第二部 「早乙女貢(さおとめ・みつぐ)と『会津士魂』」
      講師:高橋千劔破氏(たかはし・ちはや/作家、文芸評論家)

共 催  早乙女貢記念 士魂の会
日  時 3月10日(土) 14:00〜16:00
会  場 鎌倉商工会議所ホール
鎌倉駅西口より徒歩3分(鎌倉市役所向かい)
参 加 費 無料
定  員 150人 ※応募多数の場合は抽選し、当選者のみに通知。
締  切 2月29日(水)必着
 



古典文学講座 
江戸時代中期の狂歌師天広丸(あめの・ひろまる)の作品「狂歌酒百首」を読み解きます。 天広丸は着物に徳利の紋を入れるなど、大変な酒好きで知られてました。天広丸が生まれた今泉の白山神社参道入口に狂歌碑「くむ酒は是風流の眼なり月を見るにも花を見るにも」があります。
講  師 佐山辰夫氏(さやま・たつお/元編集者)
日  時 2月22日(水) 13:30〜15:30
会  場 鎌倉文学館講座室
参 加 費 無料
定  員 33人 
締  切 定員になり次第締め切り
<申込み方法>
官製ハガキかメール、FAXに氏名、住所、電話番号を記入し、鎌倉文学館「文学講演会」または「古典文学講座」係までお送りください。
※1申込みにつき1名でお願いします。

ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3
F A X : 0467-23-5952
E-mail: bungakukan@kamakura-arts.or.jp

※個人情報はこのイベントの詳細なご案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。
 



受贈記念「小島寅雄書画」特別展示
期  間 平成24年2月3日(金)〜14日(火) ※月曜日は休館
開館時間 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
特別企画@バレンタイン特別割引
カップルまたはご夫婦で来館された方は、入館料が2人で
1人分の料金になります。
大人 2名 600円 → 300円
特別企画A チョコっとプレゼント
期間中、毎日先着100名様に夏目漱石や太宰治ら、文豪たちの愛の言葉を綴った メッセージカードとミニチョコレートをプレゼントします。
特別企画B バレンタイン特別展示コーナー
鎌倉文学館所蔵の資料から、バレンタインにぴったりな愛にまつわる作品を、10日間限定で展示します。
特別企画C バレンタイン限定 特別講座
与謝野晶子の恋の歌、芥川龍之介、太宰治のラブレターを中心に、文豪の愛にまつわるバレンタイントークをおこないます。

日時 : 2月4日(土) 午前11時から(30分程度)
       2月5日(日)、11日(土・祝)、12日(日)、14日(火)
       各日午後1時から(30分程度)
       ※4日のみ午前11時から。各日同一内容。

場所 : 1階講座室(申込不要・無料 ※要入館料)
 
※昨年の展示の様子



受贈記念「小島寅雄書画」特別展示
 小島寅雄氏(1914-2002)は、鎌倉で長く教育にたずさわり、教育長・市長を務め、鎌倉文学館の設立にも尽力されました。また、江戸時代の僧侶で歌人の良寛の研究家としても知られ、全国良寛会の会長、名誉会長を務め、多くの仏や地蔵の姿を描きました。昨年、晩年の小島氏と親交のあった方のご遺族から書画をご寄贈いただきました。これを記念し小島氏の心あたたまる書画約30点を特別展示します。
会  場 鎌倉文学館1階講座室
期  間 2012年1月20日(金)〜2月3日(金)
※休館日1月23日(月)、 30日(月)
 
軸「夕あかり」



NHK Eテレ「『グレーテルのかまど』小津安二郎のショートケーキ」関連特別展示
1月14日(土)〜4月22日(日) ※月曜休館
鎌倉文学館 常設展示室4
 一人の人物とあるスイーツの関係を、そのスイーツを作りながら解き明かしていくEテレの「グレーテルのかまど」が、1月14日(土)に小津安二郎監督と戦後の小津映画に印象的に登場するショートケーキを取り上げます。小津監督にとってのショートケーキとは。番組では、小津組のプロデューサーだった当館館長 山内静夫と甥の長井秀行氏のインタビューをはじめ、当館に寄託されている小津日記の映像も放送されます。
 これに関連して番組で紹介された小津日記をはじめ、食べ物の店について書かれた通称グルメ手帳、愛用品、そして愛蔵品の書「無」を常設展示室4で特別展示します。丸く暖かみのある小津監督の筆跡や愛したものに触れてみてください。
 昨年の12月30日に小津安二郎監督の研究で知られる映画史研究家の田中眞澄氏が急逝されました。小津研究に氏の果たした役割は大きく、特に『小津安二郎全日記』は小津研究のバイブルとなっています。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
NHK Eテレ(旧教育テレビ)
「『グレーテルのかまど』小津安二郎のショートケーキ」
◇ 本放送:平成24年1月14日(土)午後9時30分〜9時55分
◇ 再放送:平成24年1月20日(土)午前11時00分〜11時25分
『グレーテルのかまど』のホームページはこちら>>
 



秋の文学スタンプラリー 2011
12月23日〜25日の3日間、鎌倉文学館の本館を飾り、特別イベントを開催します。昭和のはじめに建てられた西洋館、旧前田侯爵家別邸でゆったりした時間をお過ごしください。
期  間

2011年12月23日(金)、24日(土)、25日(日)

クリスマス・
ファミリー割引
中学生までのお子さんと家族で来館すると、お子さんと
大人1人分が無料になります。
【イベント】
カラフルな端切れでクリスマスカードを作ろう(期間中先着100名)
場所:講座室/材料費:100円
クリスマスカード

バラの松ぼっくりでクリスマスオーナメントを作ろう(期間中先着30名)
場所:講座室/材料費:100円
クリスマスオーナメント

クリスマス特別展示「文豪たちのクリスマス」
場所:常設展示室
夏目漱石、芥川龍之介、太宰治ら、鎌倉ゆかりの文豪たちのクリスマスにまつわる作品をご紹介します。
【主な作品】
夏目漱石 ロンドンから妻に宛てた手紙
芥川龍之介「少年」
太宰治「メリイクリスマス」
出口保夫「イギリス四季暦 秋/冬」
角野栄子「クリスマス・クリスマス」
アーノルド・ローベル作、三木卓訳「ふたりはいつも」
角野『クリスマス・クリスマス』
  特別展
芥川龍之介と久米正雄 関連イベント



映画『現代日本文学巡礼』特別上映
久米正雄が監督になり、執筆の様子や趣味に興じる場面や家族との団欒のなどが 撮影された貴重な映画(こおりやま文学の森資料館蔵)です。 活字だけでは知ることのできない文士たちの一面を知ることができます。
【追加上映スケジュール】
12月10日(土) 11:00〜12:00  13:00〜14:00
    11日(日)             14:00〜15:00
    17日(土) 11:00〜12:00  14:00〜15:00
    18日(日) 11:00〜12:00  14:00〜15:00
日  時 10月・・・15日(土)/ 16日(日)/ 23日(日)
11月・・・6日(日)/※13日(日)/ 20日(日)/ 27日(日)
12月・・・4日(日)
時  間 午前の部   11:00〜12:00 ※13日は午前のみ
午後の部   14:00〜15:00
定  員 当日先着33名 (各回同一内容)
 



朗読会「耳で聞く芥川龍之介と久米正雄」 
作家デビューする前、芥川と久米は同人誌 第四次「新思潮」の創刊号に小説を発表します。 芥川の「鼻」は夏目漱石の激賞を受け、これを機に作家として生きる決心をします。漱石になったつもりで 演劇集団 円の鈴木佳由氏の朗読による芥川の「鼻」と久米の意欲作「父の死」(部分)をお聞きください。
※今回は、現在図書に収められているものでなく、「新思潮」に発表されたものを朗読します。
朗  読 鈴木佳由 氏(演劇集団 円 所属)
日  時 11月19日(土)、11月26日(土)11:00〜12:00
定  員 当日先着33名(各回同一内容)
 


秋の文学スタンプラリー 2011
鎌倉市内にある文学ゆかりの場所を巡るスタンプラリーを開催します。
市内各所をめぐり ゴールは鎌倉文学館です。スタンプを1個以上押したラリーの台紙提示で鎌倉文学館の入館料が50円引きになります。スタンプを2つ以上集めた方に、ゴールの鎌倉文学館でオリジナルグッズをプレゼントします。わかりやすいイラストマップで文学にゆかりの深い鎌倉の街を歩いてみませんか。
皆さまのご参加をお待ちしております。
と  き 11月1日(火)〜11月30日(水)

プレゼントの受付は9:00〜16:00まで

鎌倉文学館の休館日(11/21)を除く。

文学館休館日にお越しの方は台紙に住所・氏名をご記入の上、正門の専用ポストに投函してください。
後日、プレゼントをお送りします。

スタンプ台
設置場所
円覚寺、建長寺、鶴岡八幡宮、長谷寺、高徳院、
鎌倉文学館(ゴール)
※詳しくは鎌倉文学館までお問合せください。

【スタンプラリー台紙】
こちらからプリントアウトできます ≫   

【特典 鎌倉文学館オリジナルグッズをプレゼント】
◇参加賞 スタンプ2〜5個
スタンプラリーオリジナルブックマーク(しおり)をプレゼントします。
スタンプラリーオリジナルブックマーク(しおり)

◇完走賞 スタンプ6個
スタンプラリーオリジナルブックマークとミニハンカチをプレゼント。
ミニハンカチ
 



特別展 文学講座1 「芥川龍之介と久米正雄」
講  師 宮坂覺 氏 (フェリス女学院大学教授)
日  時 11月13日(日) 14:00〜15:30
締  切 10月25日(火)必着
 



特別展 文学講座2 「『新思潮』創刊号をめぐって」
講  師 庄司達也 氏 (東京成徳大学教授)
日  時 11月23日(水・祝) 14:00〜15:30
締  切 11月14日(火)必着
 



文字活字文化の日/特別講座 「芥川・久米の俳句」
講  師 星野高士 氏 (俳人 鎌倉虚子立子記念館 館長)
日  時 10月27日(木) 14:00〜15:30
締  切 10月18日(火)必着
 



秋の文学講座

文学講座「文学と酒仙」
近世の狂歌師天広丸の「狂歌酒百酒」や歌人吉井勇の「酒ほがひ」など、近世から現代作家まで、酒 にまつわる作品を読み解きます。
講  師 佐山辰夫 氏(元編集者)
日  時 10月18日(火) 13:30〜15:30
締  切 10月11日(火)必着
 



文化の日特別講座
館収蔵の資料の中から「貸本屋鎌倉文庫」について解説します。
講  師 鎌倉文学館 学芸員
日  時 11月3日(木・祝) 14:00〜15:30
締  切 10月25日(火)必着
 



古典文学講座
自作『王朝文学の楽しみ』をもとに、古典文学を優しく案内します。
講  師 尾崎左永子 氏(歌人)
日  時 11月14日(月) 14:00〜15:30
締  切 11月1日(火)必着
<各講座共通>
会場…鎌倉文学館1階講座室
定員…各回33名
申込…官製ハガキかメール、FAXに、希望の講座、住所、氏名、参加希望人数、電話番号を明記し、 鎌倉文学館「各文学講座」係までお送りください。応募者多数の場合は抽選し、当選者のみにハ ガキでご連絡します。

〒248-0016  鎌倉市長谷1-5-3
E-mail:bungakukan@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952

※個人情報はこのイベントの詳細なご案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。
鎌倉文学館 秋の庭園コンサート
11/6(日) 15:00〜(雨天講座室)
ライトハウスアンサンブルによる演奏会をおこないます。
当日予定のプログラム ≫
  
鎌倉文学館 秋のひととき
■秋の茶会/尺八と三弦演奏  協力:鎌倉市役所茶道部
日にち 10月29日(土)
点  茶 お一人200円(菓子付き)  ※入館料は別途必要です。
11:00〜15:00
演  奏 櫻井咲山氏(尺八)、守啓伊子氏(三絃)
1回目/12:00〜 2回目/14:00〜
■琴の演奏
日  時 10月30日(日)   1回目/12:00〜 2回目/14:00〜
入場料 鎌倉文学館の入館料のみ
演  奏 Nobuko.(馬場信子)
※両日とも鎌倉文学館前庭にておこないます。
  雨天時館内講座室
 
庭園のコーヒーサービス
庭園でオリジナルブレンドのコーヒーを販売します。
秋の深まりを感じながらゆったりとした時間を過ごしませんか。

10月の販売予定日
8日(土)、10日(月・祝)、16日(日)、
22日(土)、23日(日)、30日(日)

11月の販売予定日
3日(木・祝)、5日(土)、6日(日)、12日(土)、
19日(土)、20日(日)、23日(水・祝)、
26日(土)、27日(日)

各日11:00〜16:00  ※雨天中止
 

文学館ブレンド ホット 200円
水出しアイスコーヒー  250円
水出しアイスオレ 250円
焼き菓子 マドレーヌ 100円
シナモンケーキ 100円
チョコレートケーキ 100円
井上蒲鉾店の“海の恵みバーガー”を限定販売いたします。
 



特別展   子どもたちへ、未来へ シリーズ1展
かこさとしの世界 おはなし・かがく・あそび 関連イベント

夏休みスタンプラリー
文学館共通パスポート 8月2日(火)〜8月31日(水)まで
神奈川近代文学館 Tel:045-622-6666
 特別展「安野光雅展−アンデルセンと旅して」 要観覧料
町田市民文学館ことばらんど Tel:042-739-3420
 特別展「キャベたまたんていとなぞを追え!三田村信行展」
 


 
「あそびの部屋」参加自由 いつでもご参加ください。
・かこさとしさんの図書コーナー
・工作コーナー(紙で作れるブーメラン、うさぎのぼうし)など
・変身コーナー(だるまちゃん、からすのぱんやさん)
 
場  所鎌倉文学館 1階講座室
 



光しょくばいおもしろ実験教室
「光しょくばい」ってなんのこと?みんなでふしぎな力を体験しよう。
・押したはずのスタンプがきえる
・くもらないカガミ
・よごれがおちる など
 
日  時 7月27日(水)、8月23日(火)
10:00〜11:30
講  師 藤嶋昭先生(『太陽と光しょくばいものがたり』共著者、
東京理科大学学長)
場  所 鎌倉文学館 1階講座室
申込制7月20日(水)必着・各回定員20名・小学校3・4年生程度
※各回同一内容。申し込みの際、ご希望の日をご記入ください。
 



あそびワークショップ
どんな家にしようかな?しかくい家やおもしろいかたちの家。玄関はどこに?
階段を つくろう!木ぎれを使って自分の好きなかたちの家を工夫しながらつくりましょう。 最後にみんなの作品を並べて町をつくります。
 
日  時 8月4日(木)
1回目10:00〜12:00 
2回目13:30〜15:30
講  師 ノニノコさん(造形作家)
場  所 鎌倉文学館 1階講座室
申込制7月28日(木)必着・各回定員20名・材料費300円
5歳から小学校低学年まで
※各回同一内容。申し込みの際、ご希望の回をご記入ください。
 



紙しばい会「しろいやさしいぞうのはなし」ほか
ちいさいお子さんむけに紙しばいをおこないます。
 
日  時 8月10日(水)、9月25日(日)
11:00〜(1時間程度)
ゲスト 佳由(かゆ)さん(演劇集団 円 所属)
場  所 鎌倉文学館 1階講座室
申込制8月3日(水)必着・定員50人
 



おはなし会
かこさとしさんの“耳で聞いて楽しいお話”を佳由さんが朗読します。
 
日  時 8月2日(火)、8月28日(日)、
9月6日(火)、9月16日(金) 
11:00〜(1時間程度)
場  所 鎌倉文学館 1階講座室
申込不要直接1階講座室にお集まりください。

申し込み
官製ハガキ、メール、FAXにご希望のイベント、住所、氏名、年齢、参加希望人数(大人・子供それぞれ)、電話番号を明記し、鎌倉文学館「各イベント」係までお送りください。

ハガキ : 〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「○○○○○」係        ※○○にはご希望のイベント名をご記入ください。
メール : bungakukan@kamakura-arts.or.jp 
FAX  :  0467-23-5952
※応募者多数の場合は抽選となります。抽選の結果はハガキにてご連絡いたします。
※個人情報はこのイベントの詳細なご案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。

 



文学講座「三島由紀夫の近代能楽集 ― 表現者と演出家の視点から」
鎌倉文学館は7月16日から子ども向けの展覧会「かこさとしの世界」を開催します。展覧会をより楽しんでいただくため、「あそびの部屋係」のボランティア を募集しています。
 
活動期間 7月16日(土)〜9月25日(日)のうちご都合の良い日
休館日(月曜日。ただし7/18(月・祝)と9/19(月・祝)は開館)
募集期間 6月21日(火)〜8月31日(水)まで。
但し開催中も随時受け付けております。
時  間午前(9:00〜13:00)、午後(13:00〜17:00) の両方、
またはいずれか。(1日の場合はお昼休憩を1時間)
募集人数

各日2名前後

内  容 講座室「あそびのへや」でのイベントのお手伝いをしていただきます。
・ 読書コーナー
・ はがき「未来のぼくへ、わたしへ」を書くコーナー
・ 工作コーナー(紙で作るブーメランや、うさぎの帽子など)
・ 変身コーナー(からすのパンやさんのみんなや、だるまちゃんなど)
応募条件 年齢18歳以上の健康な方(平成23年4月1日現在で)鎌倉文学館の展覧会に関心があり、当館のボランティアとして積極的に活動する意欲のある方。
鎌倉文学館への来館が可能な方。年齢の上限、性別、学・職歴、住所は問いません。 申し訳ないことですが、ボランティアということで交通費等のお支払いはできません。
ご理解のある方のご応募をお待ちしております。
応募方法 住所、氏名、年齢、電話番号を明記してFAX、またはメールで下記の宛先まで お申し込み下さい。

お申し込み・お問い合わせ
宛先:〒248−0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館
電話:0467-23-3911/FAX:0467-23-5952/E-mail:bungakukan@kamakura-arts.or.jp

 



茶道裏千家鎌倉支部チャリティー呈茶
茶道裏千家鎌倉支部第二青年部による東日本大震災チャリティー呈茶を行います。 どなたでも気軽に参加できますので、庭園でお抹茶とお菓子をお楽しみください。 会場で義援金を募ります。

日 時 6月5日(日)午前11時〜
※お菓子がなくなり次第終了
場 所 鎌倉文学館庭園
※雨天時は講座室
主 催 茶道裏千家鎌倉支部鎌倉第二青年部
 
風薫る5月、庭園のコーヒーサービス
風薫る5月、庭園でオリジナルブレンドのコーヒーを販売します。 新緑と海、そして5月の中旬から咲くバラを眺めながらゆったりとした時間を過ごしませんか。

5月の販売予定日 ※雨天中止
3日(祝)、4日(祝)、5日(祝)、7日(土)、
14日(土)、15日(日)、
21日(土)、22日(日)、
28日(土)、29日(日)  各日11:00〜16:00
 

文学館ブレンド ホット 200円
水出しアイスコーヒー  250円
水出しアイスオレ 250円
焼き菓子 マドレーヌ 100円
シナモンケーキ 100円
チョコレートケーキ 100円
 



鎌倉文学館バラの花時
東日本大震災で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
当館は毎年、庭園のバラが見頃を迎える5月に「バラまつり」を開催しておりますが、今年はチャリティーイベントを中心とした「バラの花時」を開催することとなりました。
期間中、チャリティー絵ハガキの販売や、チャリティーローズガーデンコンサートをおこない、会場で義援金を募ります。集まった義援金は鎌倉市をとおし日本赤十字社、社会福祉法人鎌倉市社会福祉協議会などに寄付いたします。多くの皆さまのご参加、ご賛同をお待ちしております。

鎌倉文学館 バラの花時

2011年5月14日(土)〜5月31日(火) ※「バラの花時」開催期間中、休館日はありません。
187種222株のバラをご鑑賞ください。

リーフレットはこちからダウンロードできます >>
1 チャリティー絵ハガキの販売
鎌倉文学館オリジナルのバラの絵はがきを販売し、売上金は東日本大震災の義援金とします。1枚100円で限定5,000枚販売。
2 バラの解説 
鎌倉文学館バラ園の管理人が、庭園とバラの育て方について解説します。当日、直接バラ園へお越しください。※雨天中止

■日時 : 毎週水・金曜日 各日10:30〜11:00
■場所 : 文学館バラ園
3 バラ講座
鎌倉市在住のバラ研究家、大月啓仲氏と京成バラ園芸のヘッドガーデナー鈴木満男氏がバラについて講義します。

■日時 : 21日(土)10:00〜11:00
■申込方法
〈事前申込制・無料・各回定員33名・応募者多数の場合抽選〉
往復はがきに、住所・氏名・電話番号を記入し下記住所[バラ講座係]にお申し込みください。
■締切 : 5月17日(火)必着
4 鎌倉俳句&ハイク 平成22年度年間大賞表彰式
主催:鎌倉俳句&ハイク実行委員会
年間の最優秀賞である大賞の表彰式を鎌倉文学館前庭でおこないます。

■日時 : 29日(日)11:00〜
■場所 : 文学館前庭
5 チャリティーローズガーデンコンサート
「SENZOKUフルートクインテット(五重奏)」によるコンサート。コンサート中、東日本大震災の義援金を募ります。
雨天の場合は内容を変更し、30分間のミニコンサートを文学館内の講座室で2回開催します。当日12時から、正門チケット売場前で整理券をお配りします。

〈参加自由・無料〉
■日時 : 28日(土)、29日(日) 各日14:00〜15:00
※雨天 14:00〜14:30、14:45〜15:15(各2回、同一内容)

■場所 : 文学館前庭
※雨天 文学館1階講座室(定員50名。座席なし。当日12時から正門チケット売場前で整理券をお配りします。)

■出演者 : SENZOKUフルートクインテット(五重奏) 
フルート:武良静枝
1stヴァイオリン:福本真理
2ndヴァイオリン:寺沢奈津紀
ヴィオラ:小野美子
チェロ:上野玲奈
6 資料解説講座
館収蔵の資料から「バラ」を描いた作品について学芸員がお話しします。
■日時 : 27日(金) 14:00〜15:30
■申込方法
〈事前申込制・無料・定員33名・応募者多数の場合抽選〉
往復はがきに、住所・氏名・電話番号を記入し下記住所[資料解説講座係]にお申し込みください。
■締切 : 5月20月(金)必着

東日本大震災で被災された、いわき市立草野心平記念文学館、こおりやま文学の森資料館、仙台文学館の展覧会図録等も販売させていただく予定です。

各講座宛先
〒248-0016 鎌倉市長谷1−5−3 鎌倉文学館○○講座係

※個人情報はこのイベントの詳細なご案内にのみ利用し、他の目的に利用することはありません。
 


特別展
米原万里展「ロシア語通訳から作家へ」 関連イベント

文学講座「三島由紀夫の近代能楽集 ― 表現者と演出家の視点から」
特別展「米原万里展」の関連イベントとして開催する文学講演会「米原万里」の参加者を募集します。
 
と    き 5月15(日)13:30〜15:30
と こ ろ 鎌倉市生涯学習センターホール
内   容第1部「姉 米原万里」 講師 井上ユリ氏(米原万里 実妹)
第2部「作家、米原万里」講師 池澤夏樹氏(作家)
定   員

280人(応募者多数の場合は抽選)

参 加 費 無料
申込み締切 5月6日(金)必着
申込方法 官製ハガキ、メール、またはFAXに氏名、住所、電話番号、参加人数を記入し、鎌倉文学館「文学講演会」係までお送りください。
ハガキ:〒248-0016鎌倉市長谷1-5-3
鎌倉文学館「文学講演会」係
メール:bungakukan@kamakura-arts.or.jp
Fax:0467-23-5952
 
※応募者多数の場合は抽選。当選者のみにご連絡いたします。
※個人情報はこのイベントの詳細なご案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。


文学講演会「川端康成と三島由紀夫」
鎌倉文学館では、市民の皆さまに鎌倉ゆかりの文学に親しんでもらうため、「文学散歩」を実施しています。今回は鎌倉駅、佐助周辺の佐助稲荷神社、銭洗弁財天などを訪ね、米原万里、永井龍男らゆかりの作家と文学について文学館職員が解説します。対象は市内在住、在勤で約3キロのコースを歩ける方。
 
と    き 1回目 5月11日(水)
2回目 5月12日(木)
3回目 5月17日(火)
4回目 5月18日(水)  各回10:00〜11:30
参 加 費 無料
定   員

25人(各回・応募者多数の場合は抽選)

申込み締切5月6日(金)

申込方法

往復ハガキ(1枚につき2名まで)に、希望の日、参加者全員の住所、氏名、年齢、電話番号を明記し
〒248-0016
鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「文学散歩」係
までお送りください。
返信用ハガキに代表者の住所と氏名、年齢を明記してください。

 
※応募者多数の場合は抽選。当選者のみにご連絡いたします。
※個人情報はこのイベントの詳細なご案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。
 



収蔵品展 鎌倉文人録シリーズ5
華やかな世界をつむぐ シナリオ作家・劇作家 in KAMAKURA  関連イベント

文学散歩〜北鎌倉周辺
鎌倉文学館では、市民の皆さんに鎌倉ゆかりの文学に親しんでもらうため、「文学散歩」を実施しています。今回は、北鎌倉周辺を訪ねます。円覚寺、建長寺など、収蔵品展「華やかな世界をつむぐ シナリオ作家・劇作家in KAMAKURA」で紹介する文学者ゆかりの地を巡ります。 対象は市内在住、在勤で約3キロのコースを歩ける人。定員は各日25人。応募者多数の場合は抽選。
 
と    き 1回目 3月17日(木)
2回目 3月18日(金)
3回目 3月23日(水)
4回目 3月24日(木)        各回10:00〜11:30

定    員

25人(各回)
参 加 費 無料

申込締切

3月8日(火)必着

申    込

往復はがき(1枚につき2名まで)に、希望の日、参加者全員の住所、氏名、年齢、電話番号を明記し
〒248-0016 
鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館文学散歩係
までお送りください。
返信面に代表者の住所と氏名、年齢を明記してください。応募者多数の場合し、代表者にご連絡します。

 
※個人情報はこのイベントの詳細なご案内にのみ利用し、他の目的に利用することはありません。


鎌倉文学館のバレンタイン「愛は言葉だ!」文豪のハートにふれる3日間
期間:2011年2月11日(金)〜13日(日)
鎌倉文学館では2月11日(金)から13日(日)の3日間限定のバレンタイン特別イベントを開催いたします。館収蔵の資料から与謝野晶子ら愛にまつわる作品を特別展示。そのほか、バレンタイン特別割引や先着プレゼントなど。詳しくは下記イベント内容をご覧ください。
【イベント】
■バレンタイン特別割引
カップルまたはご夫婦でご来館された方は、入館料が1名無料になります。
(大人2名600円→300円)
■チョコっとプレゼント
毎日先着100名に夏目漱石や太宰治、文豪の愛のメッセージカードとミニチョコレートをプレゼントします。
■バレンタイン限定 展示コーナー
鎌倉文学館所蔵の資料から愛にまつわる作品を3日間限定で展示します。
■バレンタイン限定トーク
学芸員が来館者を対象に芥川龍之介の恋文を中心に、文豪の愛にまつわるバレンタイントークをおこないます。
 
と   き

2月11日(金)〜13日(日)

場   所 1階講座室
時   間午後2時〜(30分程度)
 
申込不要・当日、1階講座室までお越し下さい。




ページトップに戻る▲
プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン