鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 次回イベントの予告 | バックナンバー |
トップページに戻る ≫
次回イベントの予告

特別展「鎌倉時代を読む 古典から現代作品まで」 
展覧会関連イベント

【申込制イベント】

(1)古典講座「鎌倉の政事・宗教・古典」
明星大学人文学部教授の前田雅之氏が、「吾妻鏡」や「東撰和歌六帖」などから鎌倉時代の政事、宗教、古典についてお話しします。

日    時 11月16日(金) 14:00〜15:30
講    師 前田雅之氏(明星大学人文学部教授)
定    員 33名(申込制)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
締    切 11月6日(火)必着

(2)古典講座「中世鎌倉歌壇の人と歌」 
鶴見大学文学部教授の中川博夫氏が、3代将軍 源実朝、6代将軍 宗尊親王、3代執権 北条泰時ら鎌倉で活躍した歌人とその和歌についてお話しします。

日    時 11月20日(火) 14:00〜15:30
講    師 中川博夫氏(鶴見大学文学部教授)
定    員 33名(申込制)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
締    切 11月8日(木)必着

(3)文学散歩「鶴岡八幡宮周辺」 
展覧会に関連し鶴岡八幡宮や段葛を訪ね、太宰治、永井路子らゆかりの作家について文学館職員が解説します。

日    時

10月31日(水)、11月1日(木)、6日(火)、7日(水)
10:00〜11:30
※各日同一内容

対    象 約3kmのコースを歩ける人
※応募者多数の場合は、市内在住、在勤の方が優先となります。
講    師 鎌倉文学館職員
定    員 各回25名
参 加 費 無料(別途寺社の拝観料は各自負担)
締    切 10月19日(金)必着
※往復ハガキでお申し込みください。

≪申込方法≫
ハガキ、メール、またはFAX(文学散歩は往復ハガキのみ)にイベント名(文学散歩は参加希望日)、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(2名まで、同行者氏名も)を記入し鎌倉文学館「各イベント名」係までお送りください。お申し込みは各イベントにつき1件でお願いします。
ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「各イベント名」係
※「  」内にご希望のイベント名をご記入ください。
メール:event2018@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952

※応募者多数の場合は抽選し、当落はハガキでご連絡します。
※メール・FAXでのお申し込みは締切日の17時までとさせていただきます。
※個人情報はイベントの詳細な案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。

特別展 子どもたちへ、未来へシリーズ8 「富安陽子の世界 夢か うつつか、妖怪か!?」 
展覧会関連イベント

オープニングギャラリートーク

日    時 7月14日(土)14:00〜 (30分程度)
説    明 富安陽子さん(児童文学作家)
会    場 2階特別展示室
※参加自由、直接会場にお集まりください
※要入館料

本とあそびの部屋 

・富安陽子さんの図書コーナー
・工作コーナー(キツネやオバケをつくろう)
・変身コーナー(まゆ、オニのサラリーマン、サラとピンキー ほか)

会    場 1階講座室 いつでもできます
※要入館料

おはなし会『まゆとりゅう』ほか

かゆさんのゆかいな朗読で、物語の世界をお楽しみください。

日    時

7月26日(木)、8月1日(水)、24日(金) 26(日)、
9月8日(土)
各回11:00〜(30分程度) ※8月26日は19:00〜

お は な し かゆさん(演劇集団 円 所属)
会    場 鎌倉文学館 1階講座室 ※直接会場にお集まりください
定    員 50名(参加自由)
※要入館料

【申込制イベント】

(1)子どもワークショップ やってみよう文学館のおしごと
1日学芸員になって、好きな本を飾ってみよう!

日    時 8月8日(水)
1回目 9:30〜12:00
2回目 13:00〜15:30
各回同一内容
講    師 鎌倉文学館職員
定    員 各回5名(申込制)
対    象 小学校1年生〜6年生
※お申込みの際は年齢、学年をご記入ください
※1申込につき1名でお申込ください
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
申 込 制 7月26日(水)必着

(2)子どもワークショップ 妖怪ランプをつくろう! 
風船と紙をつかって、妖怪ランプをつくってみよう!

日    時 8月21日(火)
1回目 10:00〜12:00
2回目 13:30〜15:30 ※午後の部が増えました!
各回同一内容
すでに午前の部にお申込みをいただいている方へは、鎌倉文学館からご連絡をさせていただきます。
講    師 鎌倉文学館職員
定    員 各回10名(申込制)
対    象 小学校1年生〜4年生
※お申込の際は年齢、学年をご記入ください
※1申込につき1名でお申込ください
材 料 費 400円
持 ち 物 クレヨンなどの水ににじまない筆記用具
汚れてもいい服装でご参加ください
会    場 鎌倉文学館 1階講座室
申 込 制 8月8日(水)必着

(3)講演会『富安陽子の世界』 
おとなの方にむけて、富安陽子さんが作品についてお話しします。

日    時 8月25日(土) 14:00〜15:30
講    師 富安陽子さん(児童文学作家)
定    員 150名
会    場 鎌倉商工会議所 ホール
申 込 制 8月14日(火)必着
※1申込につき2名までお申込いただけます
※2名の場合同行者氏名もご記入ください

≪申込方法≫
ハガキ、メールまたはFAXにご希望のイベント(@Aは希望回)、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(@Aは1名まで、Bは2名まで)、同行者氏名(Bの2名申込みの場合)、年齢・学年(@Aの申込みの場合)を記入し、鎌倉文学館へお送りください。お申し込みは各イベント1件まででお願いします。
ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「〇〇〇〇」係
※「〇」内にはご希望のイベント名をご記入ください。
メール:event2018@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952

※応募者多数の場合は抽選となります。抽選の結果は当落に関わらずハガキでご連絡します。
※メール・FAXでのお申込は締切日の17時までとさせていただきます。
※個人情報はイベントの詳細なご案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。

夏の文学館スタンプラリー2018

3館を回ってスタンプを集めよう! どの文学館からでもスタートできるよ
※鎌倉文学館は9月17日(月・祝)まで

期  間 7月14日(土)〜9月24日(月・祝)

・神奈川近代文学館
「没後10年 石井桃子展―本を読むよろこび―」
7月21日(土)〜9月24日(月・祝)
Tel:045-622-6666
※要観覧料

・町田市民文学館ことばらんど
「舘野鴻絵本原画展 ぼくの昆虫記−見つめた先にあったもの−」
7月14(土)〜9月24日(月・祝)
Tel:042-739-3420
※無料

第7回 鎌倉文学館こども文学賞

全国の小学生、中学生の皆さんから詩の作品を募集します。優秀作は、鎌倉文学館でご紹介します。

募集要項はこちらからダウンロードしてください。>>

受付期間 2018年7月1日(日)〜9月14日(金)
審査員 三木卓(作家・詩人)、角野栄子(童話作家)、
富岡幸一郎(鎌倉文学館館長)
小学生の部 中学生の部 各大賞1名、入選10名
表彰式 2018年11月4日(日)予定

みなせ

鎌倉文学館バラまつり2018 新しいバラの名前 決定!

バラまつり期間中に鎌倉文学館内で募集した新しいバラの名前は、応募総数1,397通の中から「みなせ」に決まりました。たくさんのご応募、ありがとうございました。
「みなせ」は、奈良時代の歌集『万葉集』に収められた歌「ま愛(かな)しみ さねに吾(わ)はゆく 鎌倉の 美奈(みな)の瀬河に 潮満つなむか」に詠まれた川「美奈の瀬河」のこと。この川は鎌倉の長谷から由比ガ浜に流れる今の稲瀬川です。
「みなせ」は10月中旬から11月中旬の秋バラの時期にもご覧いただけます。みなさまのお越しをお待ちしております。

角野栄子さんのお話の扉

童話作家 角野栄子さんの朗読とおはなしの会。どんなおはなしの扉がひらくでしょう。おたのしみに。

日    時 10月20日(土) 11月24日(土)、12月22日(土)、
1月26日(土)、2月23日(土)、3月30日(土)
各日11:00〜12:00
お は な し 角野栄子さん
会    場 鎌倉文学館1階講座室(参加自由)
参加自由 子ども優先。当日、時間までに会場にお集まりください。
大人の方のみご参加の場合、10時から事務所で整理券をお配りします。開演直前に番号順にご案内いたします。

ページトップに戻る▲

プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン