鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 次回イベントの予告 | バックナンバー |
トップページに戻る ≫
次回イベントの予告

特別展 子どもたちへ、未来へシリーズ11「長野ヒデ子の世界」 文学館であそびターイ!関連イベント

本とあそびの部屋

・長野ヒデ子さんの本のコーナー
・変身コーナー(せとうちたいこさん ほか)
・工作セット
※イベント開催時は休室します。

会    場 1階講座室
定    員 15名 参加自由


【申込制イベント】

@オープニング記念ギャラリートーク
長野ヒデ子さんが展覧会を解説します。
※当日先着順 ・1時間前から整理券をお配りします。

会    場 特別展示室
日    時 7月9日(土)13:30〜
定    員 20名

A絵本と紙しばいの会

長野ヒデ子さんと紙芝居文化推進協議会会員などが演じます。

会    場 1階講座室
日    時 @7月29日(金)、A8月24日(水)、B9月3日(土)、
C9月17日(土) 各日 10:30〜
定    員 15名(子ども優先)
事前申込制 @7月19日(火)、A8月11日(木)、B8月23日(火)、
C9月6日(火) 【必着】
※1申し込み3名まで。希望日、お子さんの年齢をご記入ください。

B講演会「長野ヒデ子の世界」

大人の方にむけ、長野ヒデ子さんが作品についてお話しします。

会    場 鎌倉商工会議所ホール
日    時 8月6日(土) 14:00〜15:30
定    員 150名
事前申込制 7月21日(木)必着
申込期間延長。定員になり次第締切ます。
申込は締切ました。
メール:event2022@kamakura-arts.or.jp
メールにてお返事します。
※1申し込み3名まで。

Cこどもワークショップ「ぶらぶら人形をつくろう」

長野ヒデ子さんと、たいこさんやブルタちゃんのお人形をつくって遊ぼう。

会    場 1階講座室
日    時 8月11日(木・祝)10:30〜
定    員 12名
対    象 5歳〜小学3年生
持ち物 クレヨンか水性マジック、はさみ
事前申込制 7月28日(木)必着  
※1申し込み1名まで。年齢、学年をご記入ください。

D親子ワークショップ「紙しばいをつくろう」

長野ヒデ子さん、紙芝居文化推進協議会会員などと紙芝居をつくって演じよう。

会    場 1階講座室
日    時 8月20日(土)10:30〜
定    員 6組12名
対    象 4歳〜小学3年生、その保護者(1名)
持ち物 クレヨンか水性マジック
事前申込制 8月10日(水)必着  
※1申し込み2名1組まで。お子さんの年齢、学年をご記入ください。

Eこどもワークショップ「やってみよう文学館のおしごと」

1日学芸員になって、自分の好きな本をかざってみよう!

会    場 1階講座室
日    時 8月3日(水)1回目9:30〜12:00、2回目13:00〜15:30
定    員 各回4名 ※各回同一内容
対    象 小学1年生〜6年生
講    師 鎌倉文学館職員
事前申込制 7月19日(火)必着  
※1申し込み1名まで。希望回、年齢、学年をご記入ください。

≪申込方法≫
ハガキ、メールにイベント名、参加希望日、希望回、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(同行者氏名、年齢も)を記入し、鎌倉文学館「各イベント名」係までお送りください。お申し込みはお一人につき1件でお願いします。
あて先:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「イベント名」係
メール:event2022@kamakura-arts.or.jp
※「 」内にはご希望のイベント名をご記入ください。
※乳幼児も人数に含みます。
※応募者多数の場合は抽選となります。抽選の結果はハガキでご連絡いたします。
※個人情報はイベントの詳細なご案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。
※消せるボールペン等は使用しないでください。

第11回鎌倉文学館こども文学賞

全国の小学生、中学生の皆さんから詩の作品を募集します。優秀作は、鎌倉文学館でご紹介します。

募集要項はこちらからダウンロードしてください>>
第10回こども文学賞受賞作品集はこちらからご覧いただけます>>

募集期間 2022年7月1日(金)〜9月9日(金)
審査員 三木卓(作家・詩人)、角野栄子(童話作家)、
富岡幸一郎(鎌倉文学館館長)
・小学生の部 ・中学生の部 各大賞1名、入賞10名
表彰式 2022年11月6日(日)予定

夏の文学館スタンプラリー2022

期  間 7月9日(土)〜9月25日(日)

3館をまわってスタンプを集めよう!
どの文学館からでもスタートできるよ。

・神奈川近代文学館
7月30日(土)〜9月25日(日)
Tel.045-622-6666
企画展「堀内誠一 絵の世界」
※要観覧料

・町田市民文学館ことばらんど
7月23日(土)〜9月25日(日)
Tel.042-739-3420
企画展「竹上妙の絵本と木版画 たけがみZOO展」

特別展 「鎌倉時代黎明 文学で読むはじめてのはじまり」関連イベント

【大佛次郎記念館×鎌倉文学館 入館料相互割引】 

大佛次郎の小説「源実朝」を紹介する展覧会「実朝と桜子」を開催中の横浜の大佛次郎記念館と連携し、各館の会期中に各展覧会のチケット半券をご提示いただくと、入館料を50円割引します。ぜひご利用ください。

・大佛次郎記念館 
テーマ展示「実朝と桜子〜大佛次郎が紡いだ武士と雅〜」
4月23日(土)〜8月21日(日)
tel.045-622-5002
HP  http://osaragi.yafjp.org/

・鎌倉文学館
特別展「鎌倉時代黎明 文学で読むはじめてのはじまり」
4月16日(土)〜7月3日(日)
Tel.0467-23-3911


<配信イベント「展覧会のススメ」> NEW

各館の学芸員がそれぞれの展覧会の魅力を語り合います。5月下旬、鎌倉文学館公式YouTubeで公開予定。
出演:大佛次郎記念館職員・鎌倉文学館職員

鎌倉文学館YouTubeチャンネル

6月5日UP 7月3日までの限定配信

【配信イベント】

鎌倉文学館公式YouTubeで、下記の講座を期間限定で無料配信します。
公開期間:5月下旬〜順次公開予定

鎌倉文学館YouTubeチャンネル

■文学講演会「平家にいのちを吹き込む」 NEW

平家の栄枯盛衰と源氏の台頭を描いた「平家物語」。2016年にこれを完訳した古川さんが、物語を現代によみがえらせることについてお話しします。

講    師 古川日出男さん(作家)

6月3日UP 8月31日までの限定配信

■文学講演会「『義経記』の語り・文学の崩壊」 NEW

千年の時を超え源義経の魂が自身を物語る小説「ギケイキ」を、2013年から連載している町田さんが、「義経記」そして文学についてお話しします。

講    師 町田康さん(作家)

6月22日UP 8月31日までの限定配信

■古典講座「『金槐和歌集』に見る実朝の人物像」 NEW

鎌倉幕府3代将軍の源実朝は、多くの歌を詠み「金槐和歌集」を遺しました。のこされた歌から、渡部さんが実朝の人物像についてお話しします。

講    師 渡部泰明さん(国文学研究資料館館長)

6月26日UP 8月31日までの限定配信

■古典講座「能に見る≪源平の人物ベスト10≫」 NEW

源氏と平家の人々はさまざまな能に登場します。村上さんが独自に10人を選び、「能のドラマの中でどのように活きているか」をお話しします。

講    師 村上湛(田村良平)さん(明星大学教授)

6月22日UP 8月31日までの限定配信

■資料解説講座「古典文学でたどる鎌倉時代黎明」

記録文書「吾妻鏡」、紀行文「海道記」、説話集「沙石集」など、古典籍に書かれた鎌倉時代を当館学芸員が紹介します。

講    師 鎌倉文学館職員

「まちのコイン“クルッポ”」のスポットになりました。

いいつながりから、いいくにつくろう
鎌倉のコインは“クルッポ”まちのコイン鎌倉で広がっています!
お手伝いして、ありがとうって言われた。近所に顔なじみがふえた。常連さん限定メニューが食べられた。自分のまちにちょっとくわしくなった。環境にいいこと、気軽にできた。もらうときも、あげるときも、お金で買えないうれしい体験がもれなくついてくる。※「クルッポ」は日本円への換金不可のコミュニティ通貨サービスです。

使い方
スマホアプリ「まちのコイン」をインストールしてください。
「まちのコイン」web サイトはこちら>> https://coin.machino.co
まちのコイン

@つかう体験
200クルッポで入館料を50円引き。
チケット売り場で専用QRコードを読み込んでください。

Aもらう体験
1)鎌倉文学館に入館で50クルッポ
ミュージアムショップで専用QRコードを読み込んでください。

2)敷地内の枯葉拾いのお手伝いで150クルッポ
本館裏手の事務所玄関で、専用のバケツとトングをお貸出しします。集めたら事務所玄関で職員にお声がけください。職員が専用の回収箱とQRコードをご案内します。


ページトップに戻る▲

プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン