鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 開催中の特別展 | 常設展 鎌倉ゆかりの文学 | 次回展覧会の予告 | 過去の展覧会 |
トップページに戻る ≫
開催中の展覧会
収蔵品展「作家 身のまわり その2」
収蔵品展「作家 身のまわり その2」

リーフレットはこちらからダウンロードできます>>

 
2021.1月5日(火)〜4月11日(日)
万年筆や茶碗、机、そして愛蔵の書画など、作家の身の回りの品には創作につながる好みや姿勢が感じられます。里見クや小津安二郎、久米正雄、吉屋信子、高見順ら作家ゆかりの品々と、鎌倉を描いた作品を紹介します。

≫新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について
≫みなさまへのお願い

 
 
● 入館料 一般300円 小中学生100円
※鎌倉市内在住の65歳以上の方、市内在住在学の小・中学生と保護者(2名まで)、市内在住在学の高校生および市内の小・中学校と高等学校の教員は無料。
※身体障害者手帳などの交付を受けた方と付き添い1名は無料
● 開館時間 9:00〜16:30(1月〜2月)
9:00〜17:00(3月〜4月)※入館は30分前まで
● 休館日 月曜日(1月11日は開館)
● 主催 鎌倉文学館指定管理者
鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体
同時開催
・ミニ特集「生誕140年 厨川白村」1.5(火)〜3.5(金)
・ミニ特集「文学と天災地変」全国文学館協議会 共同展示 3.6(土)〜4.11(日)
プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン