鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 開催中の企画展 | 常設展 鎌倉ゆかりの文学 | 次回展覧会の予告 | 過去の展覧会 |
トップページに戻る ≫

特別展 来鎌10年「芥川龍之介と鎌倉」
大学を卒業した芥川龍之介が、横須賀の海軍機関学校の英語教師となり鎌倉に下宿したのは今から105年前、大正5年秋のことでした。それから大正8年の春に東京に戻るまで、そのほとんどを鎌倉で生活しました。芥川の鎌倉時代は、新進作家として華々しく文壇に迎えられる一方、作家に専心するかを迷い、決心した時期でもありました。本展覧会では、芥川龍之介と鎌倉、そして彼の心の軌跡について、手紙や原稿などの資料をとおし紹介します。
≫新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について
≫みなさまへのお願い
入館料
一般500円(350円)/小中学生200円(140円)
※( )は20人以上の団体料金
※鎌倉市内在住65歳以上の方、市内在住在学の 小・中学生と同伴の保護者(2名まで)、市内在住在学の高校生および市内の小・中学生と高等学校の教員は無料
※身体障害者手帳などの交付を受けた方と付き添い1名は無料
開館時間
9:00〜16:30 ※入館は30分前まで
休館日
月曜日(祝日は開館)
10月4.8.25日、11月1.8日は開館
主 催
鎌倉文学館指定管理者
鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体
 
リーフレットはこちからダウンロードできます>>
展覧会関連イベントはこちらから>>
 
同時開催
・常設展「鎌倉ゆかりの文学」
・ミニ特集「生誕130年 久米正雄」
プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン