鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 鎌倉ゆかりの文学 | 主なゆかり文学者 |
トップページに戻る ≫
文学者100人

海音寺潮五郎
海音寺潮五郎
明治34年〜昭和52年(1901〜1977)
本名・末冨東作
小説家。鹿児島県生まれ。国学院大学卒業。中学校教師の傍ら創作に励む。昭和4年「うたかた草紙」が「サンデー毎日」の小説募集に入選。やがて専業作家となり、昭和11年「天正女合戦」「武道伝来記」で直木賞を受賞。以後、歴史小説家として独自の道を歩む。代表作に『蒙古來る』『平将門』『天と地と』などがある。史伝ものでは『武将列伝』『悪人列伝』など。郷土の先覚者を題材にした晩年の大作『西郷隆盛』は未完となった。教師生活を辞して専業作家として最初に居を定めたのが鎌倉で、鎌倉が舞台の歴史小説も多い。昭和9年から10年まで雪ノ下の借家に居住した。
葛西善蔵
葛西善蔵
明治20年〜昭和3年(1887〜1928)
小説家。青森県生まれ。職業を転々、苦学し、哲学館大学(現・東洋大学)に学ぶ。徳田秋声に師事し、大正元年広津和郎らと「奇蹟」を創刊。7年の「子をつれて」が文壇の注目作となる。作家精進は骨肉の情をも捨てよという生き方から、妻子との別居、借金、飲酒、放浪という生涯を送り大正期の破滅型私小説作家の典型とされる。著書に短編集『子をつれて』『馬糞石』『贋物』『悪魔』『椎の若葉』など。大正8年から12年にかけて、建長寺塔頭宝珠院に居住。生活の世話をした茶屋・招寿軒の娘ハナは「おせい」もののモデルで、関東大震災遭遇後に上京し、同居した。 葛西は最期ハナに看取られた。
川端康成
川端康成
明治32年〜昭和47年(1899〜1972)
小説家。大阪府生まれ。東京帝国大学卒業。在学中に友人と第六次「新思潮」を刊行、「招魂祭一景」を発表、文壇に出る。横光利一らと「文芸時代」を創刊し、新感覚派の代表作家となる。著作は第一創作集『感情装飾』に始まり『伊豆の踊子』『浅草紅団』『禽獣』『雪国』、戦争を挟んで鎌倉が舞台の『千羽鶴』『山の音』や『眠れる美女』『古都』『片腕』など。戦後は日本ペンクラブ会長も務めた。昭和43年日本人として初のノーベル文学賞を受賞して「美しい日本の私」を書いた。昭和10年浄明寺に転入後、二階堂へ転居し、昭和21年から没年まで長谷に居住。鎌倉ペンクラブや鎌倉文庫にも尽力した。
蒲原有明
蒲原有明
明治9年〜昭和27年(1876〜1952)
本名・蒲原隼雄
詩人。東京生まれ。東京府立中学校卒業。明治31年「大慈悲」が読売新聞の懸賞小説(尾崎紅葉選)に入選。続いて小説「南蛮鉄」、紀行文「耶馬渓」を発表し文名を高めるが、以後は詩作に専念。明治33年から「新声」詩壇の選者となり、次いで『草わかば』『独絃哀歌』を刊行。新体詩調の詩風をもって出発するが、やがて『春鳥集』『有明集』を著わし、薄田泣菫とならんで日本の象徴詩を確立した。大正8年雪ノ下に転入、翌年二階堂に転居。関東大震災に遭遇して静岡へ移るが、昭和20年の戦災に遭い、再び二階堂の旧居に戻って没年まで居住した。
菊岡久利
菊岡久利
明治42年〜昭和45年 (1909〜1970)
本名・高木陸奥男
詩人、小説家。青森県生まれ。海城中学中退。学生時代に尾崎喜八らの「海」に参加。アナーキズム系の社会活動家として入出獄を繰り返しながら、執筆活動を続行。職歴はムーラン・ルージュ企画部、戦後のラジオ東京、大映の制作部長など多彩。横光利一に詩作を奨められ筆名を貰う。詩集『貧時交』『時の玩具』、詩文集『見える天使』などを刊行、戯曲集『野鴨は野鴨』もある。昭和22年高見順らと詩誌「日本未来派」を創刊。小説に転じて『恐るべき子どもたち』『銀座八丁』『ノンコのころ』などを出版。昭和22年佐助に転入し、一時坂ノ下に移るが、29年から没年まで佐助に居住した。
北畠八穂
北畠八穂
明治36年〜昭和57年(1903〜1982)
本名・北畠美代
小説家、児童文学者。青森県生まれ。実践女学校中退。在学中にカリエスを発病し宿痾となる。雑誌に詩や小説を投稿、昭和3年「改造」の懸賞小説に応募したのを機に、編集者の深田久彌に励まされて上京、文学の道を志す。20年小説「自在人」で注目され、小説集『もう一つの光を』『未知の界へ』などを刊行。児童文学では「十二歳の半年」を書き、『ジロー・ブーチン日記』が好評を博して、本格的に児童文学者の道を歩むことになった。『あくたれ童子ポコ』『鬼を飼うゴロ』などがある。昭和7年二階堂に転入、23年から没年まで鎌倉山に居住した。
木下利玄
木下利玄
明治19年〜大正14年(1886〜1925)
本名・木下利玄
歌人。岡山県生まれ。東京帝国大学卒業。学習院時代に佐佐木信綱の「心の花」同人となる。また武者小路実篤、志賀直哉らと交遊、明治43年「白樺」創刊に参加、同人として短歌や小品を発表した。大正3年『銀』を刊行、以後『紅玉』『一路』を出版、白樺派唯一の歌人として活動した。その後、北原白秋、前田夕暮らが創刊した「日光」にも参加。写実的手法と口語を取り入れた利玄調を確立し、大正歌壇を飾った。大正8年大町に転入、9年大町内で転居し没年まで居住した。報国寺に墓があり、歌碑が建つ。
草間時彦
草間時彦
大正9年〜平成15年(1920〜2003)
俳人。東京生まれ。すぐに鎌倉に移ってそこで育つ。武蔵高校中退。製薬会社に定年まで勤務。祖父時福(初代松山中学校長)、父時光(鎌倉市長)も俳人。「馬酔木」を経て、昭和28年「鶴」に参加。水原秋桜子、石田波郷に師事。「鶴」を辞し、後年は主宰誌を持たず無所属で活動。俳人協会理事長を務め、大磯町にある三大俳諧道場の一つ、鴫立庵の21世庵主を15年間務めた。句集『盆点前』で詩歌文学館賞を受賞。最後の句集『滝の音』は自らの老いや病を詠み、平成15年度蛇笏賞に選ばれた。他に句集『中年』『桜山』、評論『伝統の終末』など。大正9年から昭和6年まで扇ガ谷寿福寺境内に居住。
国木田独歩
国木田独歩
明治4年〜明治41年(1871〜1908)
本名・国木田哲夫
小説家、詩人。千葉県生まれ。東京専門学校(現・早稲田大学)中退。明治27年国民新聞記者として従軍、通信記事が好評を得た(没後に『愛弟通信』として刊行)。佐々城信子と結婚、半年での離婚は、没後刊行の手記『欺かざるの記』に描かれた。著作は共著詩集『抒情詩』、自然描写に新境地を開いた小説集『武蔵野』、「牛肉と馬鈴薯」収録の『独歩集』、「運命論者」収録の『運命』、「鎌倉夫人」収録の『涛声』ほか。明治35年2月から12月に坂ノ下の御霊神社境内やその近くに住んだ。この頃長谷に在住の高山樗牛とも知り合った。
久保田万太郎
久保田万太郎
明治22年〜昭和38年(1889〜1963)
小説家、劇作家、演出家、俳人。東京生まれ。慶應義塾大学卒業。明治44年「三田文学」に「朝顔」を発表して文壇に登場。以来、下町情緒を描く独自の作風で『末枯』『春泥』『市井人』などを著し、一方演出家、劇作家としても名を馳せ、築地座、文学座結成にも貢献。『雨空』『短夜』『大寺学校』などの戯曲がある。俳句は、岡本松浜、松根東洋城に師事し、俳誌「春燈」を主宰した。”俳句は余技“としつつも、『道芝』『もゝちどり』『流寓抄』などの句集がある。鎌倉在住の作家たちと親しみ鎌倉ペンクラブにも尽力。昭和20年から30年まで材木座に居住。瑞泉寺に句碑がある。
久米正雄
久米正雄
明治24年〜昭和27年(1891〜1952)
小説家、劇作家、俳人。長野県生まれ。東京帝国大学卒業。在学中の大正3年、芥川龍之介、菊池寛らと第三次「新思潮」を創刊。芥川とともに夏目漱石の門下生となる。小説「父の死」、戯曲「阿武隈心中」等を発表して注目された。漱石の娘への失恋体験を描いた『破船』『墓参』などを次々刊行、流行作家となる。また早くから河東碧梧桐門下の俳人として知られ、号は三汀。句集に『牧歌』などがある。大正14年から御成町、雪ノ下と住み、昭和5年から没年まで二階堂に居住した。自ら文壇の社交家をもって認じ、鎌倉ペンクラブ結成に尽力、鎌倉文庫社長も務めた。瑞泉寺に眠る。
胡桃沢耕史
胡桃沢耕史
大正14年〜平成6年(1925〜1994)
本名・清水正二郎
小説家。東京生まれ。拓殖大学卒業。早くから直木三十五に心酔し、小説家を志す。昭和30年「壮士再び帰らず」でオール読物新人杯受賞。昭和32年から「近代説話」同人となる。本名で官能小説を多作するが、42年世界放浪の旅を経て、胡桃沢耕史の筆名で心機一転をはかる。「旅人よ」で直木賞候補、「天山を越えて」で日本推理作家協会賞。58年「黒パン俘虜記」で念願の直木賞を受賞。ほかに『六十年目の密使』『ぼくの小さな祖国』『翔んでる警視』シリーズなどがある。昭和22年雪ノ下に、38年から没年まで二階堂に居住した。
小島政二郎
小島政二郎
明治27年〜平成6年(1894〜1994)
小説家。東京生まれ。慶應義塾大学卒業。早くから江戸文学や外国文学に親しみ、永井荷風、森鴎外に心酔する。卒業後、鈴木三重吉に傾倒して児童雑誌「赤い鳥」の編集を手伝い童話も発表。菊池寛、芥川龍之介らと交流。大正11年「一枚看板」「家」により作家的地位を築き、「人妻椿」など風俗・大衆小説で人気を博した。代表作に文壇的回想録でもある『眼中の人』、伝記小説『円朝』や『鴎外 荷風 万太郎』、随筆『場末風流』など。昭和5年由比ガ浜に住み、その後東京に移るが、再び大町、雪ノ下と移り、昭和39年から没年まで二階堂に居住した。
小林勇
小林勇
明治36年〜昭和56年(1903〜1981)
随筆家、画家、出版者。長野県生まれ。赤穂公民実業学校卒業。大正9年上京、住込み店員として岩波書店に入るが、昭和3年、鉄塔書院を興して独立。しかし9年に岩波書店に戻り、以後47年に会長職を退くまで岩波書店の経営に尽力した。最初の随筆集『遠いあし音』刊行のあと、伝記『蝸牛庵訪問記〜露伴先生の晩年〜』『惜櫟荘主人〜一つの岩波茂雄伝』『彼岸花』『隠者の焔』、自伝『一本の道』などを刊行した。また冬青と号して絵も描き、『冬青小林勇画集』がある。昭和13年大町に転入、16年から没年まで扇ガ谷に居住した。東慶寺に眠る。
小林秀雄
小林秀雄
明治35年〜昭和58年(1902〜1983)
評論家。東京生まれ。東京帝国大学卒業。昭和4年に「改造」の懸賞評論で「様々なる意匠」が二席に入選。以後評論家として活躍し、日本における近代批評の確立者といわれ、その評論の対象は文学のみならず、古典、哲学、芸術全般に及ぶ。著作は戦前の『文芸評論』全三巻や戦後の『無常といふ事』『モオツアルト』『考えるヒント』『ゴッホの手紙』、晩年の大作『本居宣長』など。鎌倉で中原中也との交流を深めた。鎌倉には大正10年母の転地療養以来の縁がある。15年長谷に住み、昭和6年から、由比ガ浜、扇ガ谷、雪ノ下と移り住んだ。東慶寺に眠る。
小牧近江
小牧近江
明治27年〜昭和53年(1894〜1978)
仏文学者、翻訳家、社会科学者。秋田県生まれ。東京の暁星中学校中退。明治43年16歳で渡仏、苦学の末大正7年にパリ大学を卒業。この間、ロマン・ロランに傾倒し、小説家アンリ・バルビュスのクラルテ(光)運動に参加。8年に帰国し、10年金子洋文らと雑誌「種蒔く人」を創刊、反戦平和をめざす詩や評論を執筆した。プロレタリア文学運動の先駆的な役割を果たした。戦後も鎌倉の平和運動などに献身。著書に『種蒔くひとびと』『異国の戦争』など。鎌倉へは大正14年から没年まで稲村ガ崎に居住した。鎌倉文学館の庭園に種蒔く人記念碑がある。
今日出海
今 日出海
明治36年〜昭和59年(1903〜1984)
小説家、評論家。北海道生まれ。長兄は作家の今東光。東京帝国大学卒業。在学中から演劇活動をする一方で、「文芸都市」「文学界」の同人となり評論、随筆を書き、またジイドの翻訳を手がけた。戦後、フィリピンでの従軍体験を描いた『山中放浪』を出版。代表作には直木賞を受賞した『天皇の帽子』や実名小説『三木清における人間の研究』『吉田茂』などがある。初代国際交流基金理事長、初代文化庁長官も務めた。昭和6年から小町、雪ノ下と住み、一時東京に転出するが、再び雪ノ下に戻り、26年から没年まで二階堂に居住した。二階堂のカトリック墓地に眠る。


プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン