鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 鎌倉ゆかりの文学 | 主なゆかり文学者 |
トップページに戻る ≫
文学者100人

佐々木信綱
佐々木信綱
明治5年〜昭和38年(1872〜1963)
歌人、歌学者。三重県生まれ。幼時より古歌の暗誦と作歌を父弘綱から教えられる。東京帝国大学卒業後、父の志を継いで作歌と万葉研究、歌学史研究、古典籍の復刻に力をそそいだ。明治31年「竹柏会」を主宰し、歌誌「心の花」を機関誌として刊行。川田順、木下利玄など多くの門人を育てるとともに、和歌革新運動に貴重な役割をはたした。歌集『思草』『新月』『常盤木』『山と水と』や『日本歌学史』『校本万葉集』など。大正10年大町に別荘「溯川草堂」を設け執筆の場とし、門下生を育て鎌倉の文人と交流した。鎌倉山と東慶寺に歌碑がある。
里見ク
明治21年〜昭和58年(1888〜1983)
本名・山内英夫
小説家。横浜生まれ。有島武郎、生馬の弟。東京帝国大学中退。学習院時代に文学グループを作り回覧雑誌「麦」を発行。雑誌「白樺」の創刊に同人として参加し、小説のほか翻訳や詩歌を発表するが、のちに離れて独自の道を歩む。泉鏡花に傾倒し、文学的影響を受け、やがて師事する。著作に鎌倉をとり入れた『安城家の兄弟』や、『多情仏心』『大道無門』『極楽とんぼ』など。幼少期は由比ガ浜の父の別荘で過ごし、大正13年から鎌倉の各所に住み、昭和28年から没年まで扇ガ谷に居住した。鎌倉ペンクラブ、鎌倉文庫の創立に協力するなど鎌倉文士の中心的存在だった。
四賀光子
四賀光子
明治18年〜昭和51年(1885〜1976)
本名・太田みつ
歌人。長野県生まれ。東京女子高等師範学校卒業。長野で二年間教師を勤め、この間太田水穂を知り、「この花会」に参加して作歌を始める。上京後、水穂と結婚し女学校の教師をする傍ら、歌誌「潮音」の同人として活躍。編集、運営にも助力し、水穂没後は太田青丘とともに「潮音」の主軸となる。歌集『藤の実』『朝月』『麻ぎぬ』『双飛燕』(水穂との共著)や随筆『行く心帰る心』などがある。昭和9年扇ガ谷に山荘を設け静養の場としていたが、14年に居を移し没年まで過ごした。東慶寺に夫妻の墓と歌碑があるほか、四賀の東慶寺開山覚山尼讃歌の歌碑もある。
澁澤 龍彦
澁澤 龍彦
昭和3年〜昭和62年(1928〜1987)
本名・澁澤龍雄
仏文学者、評論家、小説家。東京生まれ。東京大学卒業。昭和29年にジャン・コクトー著『大股びらき』の翻訳以来、次々とフランス文学の翻訳紹介をする。34年に出版したマルキ・ド・サド著『悪徳の栄え』の翻訳で筆禍を招き、いわゆるサド裁判となった。56年に『唐草物語』で泉鏡花賞を受賞、小説にも新境地を開き『ねむり姫』『うつろ舟』、読売文学賞受賞の『高丘親王航海記』など。翻訳書多数のほか随筆『思考の紋章学』、美術論集『幻想の彼方へ』などもある。昭和21年から小町に住み、41年から没年まで山ノ内の明月谷戸に居住した。浄智寺に眠る。
島木健作
島木健作
明治36年〜昭和20年(1903〜1945)
本名・朝倉菊雄
小説家。北海道生まれ。東北帝国大学を中退して農民運動に加わり、その後日本共産党に入党し活動する。治安維持法違反容疑で起訴され、結核の悪化から転向を表明。昭和9年「癩」「盲目」を発表、第一創作集『獄』を出版し新進作家となった。『再建』のあと帰農する青年を描いた『生活の探求』『続・生活の探求』で人気を博した。昭和11年「文学界」同人となり、川端康成らが住む鎌倉に移住、12年雪ノ下に転入、14年から没年まで扇ガ谷に住み、小林秀雄らと親しく往来した。終戦2日後の8月17日に死去、告別式は鎌倉文士たちによって執り行われた。浄智寺に眠る。
島崎藤村
島崎藤村
明治5年〜昭和18年(1872〜1943)
本名・島崎春樹
詩人、小説家。長野県生まれ。明治学院大学卒業。明治女学校、東北学院、小諸義塾の教員を勤める。明治26年に北村透谷、星野天知らと「文学界」を創刊。明治30年刊行の『若菜集』、次いで『一葉舟』『落梅集』などで詩人として名声を得、近代詩史上に大きな功績を残した。また39年の小説『破戒』や『春』『家』によって、自然主義文学の代表作家となった。ほかに大作『夜明け前』など。初代日本ペンクラブ会長も務める。明治25年に扇ガ谷、26年に雪ノ下の星野の別荘を訪問、さらに円覚寺塔頭帰源院に滞在。『春』『桜の実の熟する時』にその体験が描かれた。
神西 清
神西 清
明治36年〜昭和32年(1903〜1957)
小説家、翻訳家。東京生まれ。東京外国語学校卒業。在学中に竹山道雄、堀辰雄らと「箒」を創刊、詩・翻訳などを発表、「鎌倉の女」を連載。北海道大学図書館、ソ連通商部勤務などを経て昭和7年から文筆生活。ジード、プルーストらのフランス文学や、チェーホフ、ドストエフスキーらのロシア文学の紹介・翻訳を手がけ、小説『垂水』『灰色の眼の女』『少年』や、『詩と小説のあひだ』『神西清詩集』などもある。昭和27年「ワーニャ伯父さん」の翻訳で芸術選奨文部大臣賞。鎌倉アカデミアの講師も務めた。一時転出したりしたが、昭和9年から没年まで二階堂に居住。東慶寺に眠る。


プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
アトリエ春間