鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 鎌倉ゆかりの文学 | 主なゆかり文学者 |
トップページに戻る ≫
文学者100人

高橋和巳
高橋和巳
昭和6年〜昭和46年(1931〜1971)
小説家。大阪生まれ。京都大学卒業。在学中に小松左京らと「現代文学」を発行。中国語・中国文学では吉川幸次郎に、文学では埴谷雄高に師事した。昭和37年「悲の器」で河出書房新社「文芸賞」を受賞し、文壇に登場、精力的に小説、評論を発表し注目と期待を集めた。続いて『憂鬱なる党派』『邪宗門』『わが心は石にあらず』『散華』『堕落』『日本の悪霊』『わが解体』などの作品を刊行し、いわゆる1960年代を代表する作家といわれる。昭和44年の大学紛争で学生側の立場に立ち京大教官を辞職した。40年から没年まで二階堂に居住した。
高浜虚子
高浜虚子
明治7年〜昭和34年(1874〜1959)
本名・高浜 清
俳人、小説家。愛媛県生まれ。仙台二高中退。中学時代正岡子規を知り兄事する。柳原極堂から引き継いだ「ホトトギス」を明治31年から主宰。写生文を提唱し、句作をはじめ小説、俳論に才能を発揮した。昭和初年、俳句における「客観写生」「花鳥諷詠」を唱え、俳壇の中心的存在となった。句集に『虚子句集』『五百句』『小諸百句』、小説に『鶏頭』『柿二つ』等がある。明治43年から由比ガ浜内で転居を重ね、没年まで居住した。寿福寺に墓、長谷寺、由比ガ浜の虚子庵址に句碑がある。平成13年に鎌倉虚子立子記念館が二階堂に開館した。
高見順
高見順
明治40年〜昭和40年(1907〜1965)
本名・高間芳雄
小説家、詩人。福井県生まれ。東京帝国大学卒業。学生時代から同人誌を発行。プロレタリア作家同盟で活動するが、昭和8年検挙され転向。新田潤らと同人誌「日暦」を創刊。長編『故旧忘れ得べき』で注目され、浅草ものの傑作『如何なる星の下に』を発表。戦後は病魔に見舞われながら『わが胸の底のここには』『いやな感じ』、未完の『激流』などを書いた。詩人として詩集『樹木派』『死の淵より』があり、没後高見順賞が設けられた。毎日出版文化賞を受けた労作『昭和文学盛衰史』や死の直前まで書き続けた『高見順日記』も著名。昭和18年から没年まで山ノ内に居住。東慶寺に眠る。
高山 樗牛
高山 樗牛
明治4年〜明治35年(1871〜1902)
本名・高山林次郎
評論家。山形県生まれ。東京帝国大学卒業。「瀧口入道」が「読売新聞」の懸賞小説に入選し、それを機に「帝国文学」創刊への参画や「太陽」の文学欄主筆記者など早くから才能を示した。明治33年文部省から美学研究のため欧州留学を命じられるが、病気のため断念。晩年は扇ガ谷の日蓮学者田中智学を訪ね、日蓮研究を志して「日蓮上人とは如何なる人ぞ」等を著した。明治34年から35年にかけて長谷寺境内の慈眼院やその隣接地に居住したのもそのためだったが、間もなく没した。葬儀も長谷寺で行なわれた。同寺に記念碑がある。
竹山道雄
竹山道雄
明治36年〜昭和59年(1903〜1984)
評論家、独文学者。大阪府生まれ。東京帝国大学卒業。昭和2年文部省留学生として渡欧。帰国後、一高で教鞭をとる一方、独文学者としてゲーテ、ニーチェ、シュヴァイツァーの翻訳をする。23年児童雑誌「赤とんぼ」に連載した「ビルマの竪琴」が大きな反響を呼び、のち毎日出版文化賞受賞。昭和26年東大教授を退き執筆に専念。ほかに『失はれた青春』『樅の木と薔薇』『古都遍歴〜奈良』『昭和の精神史』『まぼろしと真実』『剣と十字架』『人間について』などがある。昭和19年扇ガ谷に転入し、24年から没年まで材木座に居住した。鎌倉霊園に眠る。
太宰治
太宰治
明治42年〜昭和23年(1909〜1948)
本名・津島修治
小説家。青森県生まれ。東京帝国大学中退。一時期左翼運動、プロレタリア文学に近づくが、昭和7年に離脱。その後、井伏鱒二に師事する。昭和8年同人雑誌「海豹」に参加、「魚服記」「思ひ出」を掲載して注目され作家活動に入る。昭和11年第一創作集『晩年』刊行、この時も薬物中毒に悩み心中未遂を起こした。主な著書に『女生徒』『東京八景』『右大臣実朝』『津軽』『ヴィヨンの妻』『斜陽』『人間失格』など。昭和5年大学1年のとき腰越の小動崎で心中をはかり、10年には鶴岡八幡宮の裏山で縊死を企て未遂に終わっている。
立原正秋
立原正秋
大正15年〜昭和55年(1926〜1980)
小説家。韓国生まれ。早稲田大学中退。作家を志し、日本の古典、特に世阿弥に傾倒し、「風姿花伝」に学んだという。本多秋五を訪ね、「近代文学」に作品を発表。昭和36年「八月の午後と四つの短篇」で近代文学賞を受賞し文壇へ登場。39年岡松和夫らと同人誌「犀」を創刊。41年「白い罌粟」で直木賞を受賞した。著書に『剣ヶ崎』『辻が花』『冬の旅』『残りの雪』『夢は枯野を』『冬のかたみに』など。『薪能』『鎌倉夫人』をはじめ、鎌倉を舞台にした作品は多い。昭和25年に大町に転入、その後市内各所に住み、45年から没年まで梶原に居住した。瑞泉寺に眠る。
田村隆一
田村隆一
大正12年〜平成10年(1923〜1998)
詩人。東京生まれ。明治大学卒業。府立三商時代の同級生北村太郎らと詩作を始め、詩誌「LE BAL」などに参加。昭和22年北村、鮎川信夫らと詩誌「荒地」創刊。早川書房に勤務、「エラリー・クイーンズ・ミステリー・マガジン」の初代編集長でもあった。31年詩集『四千の日と夜』で鮮烈な出発をした。その後は重いテーマをやさしく書くことにつとめ、『言葉のない世界』で高村光太郎賞、『奴隷の歓び』で読売文学賞を受賞。詩集に『新年の手紙』『誤解』『1999』、評論集『若い荒地』『詩と批評』シリーズ、訳書もある。昭和45年材木座、翌年稲村ガ崎、63年から没年まで二階堂に居住。



プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン