鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 鎌倉ゆかりの文学 | 主なゆかり文学者 |
トップページに戻る ≫
文学者100人

直木三十五
直木三十五
明治24年〜昭和9年(1891〜1934)
本名・植村宗一
小説家。大阪生まれ。早稲田大学英文科中退。出版社を興すがいずれも失敗し、関東大震災を機に大阪へ戻り雑誌「苦楽」の編集にあたる。映画製作を手がけるが不調で、再度上京し文筆に専念、仇討ものを次々発表。白井喬二らの二十一日会に参加、昭和5年の『南国太平記』で流行作家となった。時代小説・歴史小説を中心に現代小説でも活躍。ほかに『益満休之助』『明暗三世相』『楠木正成』『源九郎義経』『日本の戦慄』など。没後の昭和10年、友人の菊池寛によって直木三十五賞が設けられた。昭和3、4年頃、里見クの紹介で稲村ガ崎に居住した。
永井龍男
永井龍男
明治37年〜平成2年(1904〜1990)
小説家。東京生まれ。一ツ橋高等小学校卒業。懸賞小説に当選の「活版屋の話」が菊池寛に認められ、「黒い御飯」を「文芸春秋」に掲載。昭和2年、創作を続けながらも文藝春秋社に入社、編集長、専務を歴任。戦後は文筆生活に入り、短編の名手といわれた。『朝霧』で横光利一賞、『一個その他』で野間文芸賞、南の人々を描いた『コチャバンバ行き』で読売文学賞、瑞泉寺を舞台とした『秋』で川端康成文学賞を受賞。作家活動で菊池寛賞も受賞した。俳人としても知られ東門居の俳号をもつ。鎌倉文学館初代館長を務めた。昭和9年から鎌倉に住み、何度か転居を重ね、28年から没年まで雪ノ下に居住した。
中野孝次
中野孝次
大正14年〜平成16年(1925〜2004)
作家、独文学者。千葉県生まれ。東京大学卒業。カフカ『城』など現代ドイツ文学の翻訳者として出発。昭和47年自作として初の『実朝考』を刊行。評論『ブリューゲルへの旅』の後、54年自伝的小説『麦熟るる日に』で平林たい子賞を受賞、作家として台頭。続いて『苦い夏』『季節の終り』など。随筆『ハラスのいた日々』と『清貧の思想』でベストセラー作家となった。ほかに『風の良寛』『セネカ 現代人への手紙』など。57年の文学者による反核声明のまとめ役にもなった。神奈川文学振興会理事長も務める。昭和25年から27年にかけて大町、台、山ノ内に移り住んだ。鎌倉市内の病院で亡くなった。
中原中也
中原中也
明治40年〜昭和12年(1907〜1937)
詩人。山口県生まれ。東京外国語学校卒業。8歳のときに、次弟亜郎の死を歌ったのが詩作の始まりとなり、中学時代に友人と共著の歌集「末黒野」を刊行。京都で知った長谷川泰子と上京、東大生の小林秀雄と知遇を得た。以後鎌倉での小林との交友は深い。昭和4年大岡昇平らと同人誌「白痴群」を創刊、また「四季」「歴程」の同人ともなる。詩集に『山羊の歌』『在りし日の歌』、翻訳詩集『ランボウ詩抄』がある。長男文也病没の失意のあと、友人の多い鎌倉に居を求め、12年2月扇ガ谷の寿福寺境内に転入。しかし10月鎌倉養生院で亡くなり、寿福寺で告別式が行われた。
中村光夫
中村光夫
明治44年〜昭和63年(1911〜1988)
本名・木庭一郎
評論家、小説家。東京生まれ。東京帝国大学卒業。在学中から「文学界」に「モウパッサン論」などを発表、「文芸時評」を書き新鋭批評家として認められた。昭和11年早くも生涯のテーマとなる『二葉亭論』で池谷信三郎賞を受賞。この年パリ大学に留学。帰国後吉田健一らの「批評」同人となる。日仏の作家論、文明批評は常に高い評価を得た。戦後は明治大学教授を永く務めた。著作に『風俗小説論』『志賀直哉論』『二葉亭四迷伝』、戯曲『汽笛一声』、小説『わが性の白書』など。鎌倉アカデミア講師も務め、昭和8年から二階堂、16年に稲村ガ崎、32年から没年まで扇ガ谷に居住した。
中山義秀
中山義秀
明治33年〜昭和44年(1900〜1969)
本名・中山議秀
小説家。福島県生まれ。早稲田大学卒業。在学中、横光利一らと同人誌「塔」を創刊。中学校で教職につき、その傍ら作家を志して「早稲田文学」に作品を発表。昭和8年教職を辞し、創作に専念。昭和13年に「厚物咲」で芥川賞受賞、続く「碑」で文壇での地位を得た。戦後は、「信夫の鷹」「残照」などの歴史小説で新境地を開いた。ほかに戦国史記ものの長編『戦国史記〜斉藤道三』『咲庵』や『台上の月』『芭蕉庵桃青』、作品集『テニヤンの末日』など。昭和18年から没年まで極楽寺に居住した。戦中戦後の鎌倉文庫にも参画した。
長与善郎
長与善郎
明治21年〜昭和36年(1888〜1961)
小説家、劇作家。東京生まれ。東京帝国大学中退。武者小路実篤、志賀直哉らとの交流から、明治43年「白樺」創刊の翌年から同人となる。「盲目の川」「彼等の運命」を掲載、また戯曲「項羽と劉邦」を連載し劇作家としても認められる。以後「白樺」派の論客として評論などを執筆し活躍する。このほかの著作に『青銅の基督』『竹沢先生と云ふ人』などがあり、戯曲『頼朝』もある。昭和35年には自伝『わが心の遍歴』を著した。大正8年から大町、関東大震災に遭遇した12年から、一時期由比ガ浜の叔母の別荘に住み、次いで扇ガ谷の新たな家に15年まで居住した。
夏目漱石
夏目漱石
慶応3年〜大正5年(1867〜1916)
本名・夏目金之助
小説家、英文学者。東京生まれ。東京帝国大学卒業後、英語教師として松山中学、熊本五高などに赴任。明治33年文部省の命で、ロンドンに留学。帰国後、一高、東大で英文学を教える。雑誌「ホトトギス」に掲載した「吾輩は猫である」が世評を呼び、作家活動に入る。神経症に悩みながら多くの名作を相次いで発表した。『草枕』『坊っちやん』『三四郎』『それから』『門』『こゝろ』『道草』『明暗』ほか。明治27年暮、円覚寺塔頭の帰源院に参禅、この経験は「門」の素材となった。30年夏に1カ月ほど材木座に滞在し、44年友人中村是公の長谷の別荘も訪れた。
昇 曙夢
昇 曙夢
明治11年〜昭和33年(1878〜1958)
本名・昇 直隆
ロシア文学者、翻訳家。鹿児島県生まれ。正教神学校卒業。卒業後、母校の講師となる。明治末期からのロシア文学翻訳隆盛の中で、『露西亜文学研究』や翻訳集『白夜集』を刊行。明治43年の翻訳集『露西亜現代代表的作家六人集』が好評を博し、当時の文学青年に影響を与えた。ゴーリキー『どん底』、ドストエフスキー『虐げられし人々』や、革命後のロシア文学の動向を次々に翻訳・紹介、エレンブルグ『トラストD・E』などがある。ほかに著書『露国革命と社会運動』『ロシア・ソビエト文学史』など。昭和2年から没年まで稲村ガ崎に居住した。



プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
公益s財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン